高齢ドライバー

車の事故

高齢者ドライバーの事故の原因と運転方法の対策を考える

高齢者ドライバーの事故には一定の特徴があるといわれています。 その中でも特に目立つのが認知スピードの低下や判断力の低下だといえます。 それでも道路を走る上では、高齢であったとしても運転手は車を運転するための最低限度の運動能力や技術力が必要となります。 今回は高齢者ドライバーのための運転技術が鈍らないための知識や事故を防止するための予防策を考えていきます。
車の事故

高齢ドライバーのプリウスでの事故が多い理由とは

僕自身も整備士としてプリウスをはじめ、レクサス、アクア、SAI、その他のトヨタ系のハイブリッドカーに乗り込むことは多く、操作性に関しては「ん?」となるケースもあります。 その中でも特に感じるのがプリウスのシフトレバーのわかりにくさです。 従来のオートマチックのシフト操作は、国産車の場合、パーキング、リバース、ニュートラル、ドライブと続きます。 ところがプリウスの場合は、シフトレバーのニュートラルの位置からパドルのようなシフトレバーをゲームのコントローラーのように動かしていきます。
タイトルとURLをコピーしました