車の表示灯

車の表示灯

車線逸脱警報がうるさいからオフにする?車のLDAとはどんな装備?

最近かなり増えてきた車の安全装備として 「車線逸脱防止機能」 というものがあります。 簡単に言えば、車線を外れて走行していると、警報アラートが鳴ってドライバーに知らせるというものです。 それだけを聞けば、安全に対して積極的に働きかけてくれる、素晴らしい機能です。 ただ、実際は必要がない状況でも警報音が鳴って、結構うっとうしく感じてしまいます。
車の表示灯

メーターの中のAのマークってなんの意味?点滅したらどうなる?

メーターの中に点灯することのあるAのマークはアイドルストップ機能に関する表示なので、警告灯ではありません。 どちらかといえば、ユーザーに車がアイドルストップに関する制御をリアルタイムで知らせているだけです。 このマークがメーターの中に表示される車にはアイドルストップ機能があり、運転手の手が届くどこかに、このマークをしたボタンがあります。 このボタンを押すことで、アイドルストップをしないようにすることができます。 この『Aのマークに丸が点いたようなマーク』はメーカーによって表記の仕方が違っていて、Aのマークの下にオフのマークが点いている場合もあります。
車の表示灯

助手席のシートベルト警告が荷物に反応するので解除!車検はOK?

買い物帰りに助手席に重めの荷物を置いて車をスタートさせると、 センターパネルの辺のシートベルト警告灯がチカチカと点滅しています。 もちろん車の持ち主さんならそれが助手席のシートベルトが着用されていない警告灯だということがわかります。 ただ単なる荷物に対して、いちいち反応されるとめんどくさく思ってしまいます。 安全に関する装備なので機能しないようにすると車検に合格するのかも気になりますね。 実はわりと簡単にできるキャンセル機能と法令上は問題ないのかもチェックしておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました