車の不具合や修理

車の異音

ホンダ・ライフ(JC1)の異音アイドリング中にキュルキュル音がした事例

整備士として仕事をしていると様々な車の異音を経験することがあります。 特に多いのが止まっているときにに変な音がするといったアイドリング中に発生する異音の相談です。 今回はホンダのライフで実際にあったアイドリング中にキュルキュルと...
エンジン不調

軽自動車でエアコンを入れると坂道でノッキングするのは故障?

坂道を上っているとエンジンがノッキングするとなると、これは異常というか、なんらかの故障なのかもしれません。 今回は、軽自動車がエアコンを入れたままで上り坂でを走るとノッキングするという事例について整備士の僕の経験を交えてお話していきます。
車の不具合や修理

車のエアコンは運転席側が効かない?吹き出し口に温度差ができる理由

運転席の窓側の吹き出し口の冷気が最も冷えが悪いのですが、 新車から5年以上経過している車なら実感しやすいかもしれません。 とはいえ、お客様から修理の相談としていただく場合は本当に故障しているケースもあるのですが、 今回は車の構造上で起きる、エアコンの冷えにムラができる理由についてのお話です。
エアコン

車のエアコンの吹き出し口に水滴が付く原因。水漏れが助手席の下に??

梅雨の真っ最中や真夏の通り雨で車内がジメジメすることがあります。 そんなときは暑さもあってエアコンの設定温度は低くしてしまいがちです。 そんなとき、エアコンの吹出口に水滴がついていることがあり 「なんでここに水が?」と思うかもしれません。 今回はエアコンに関する「へぇー」なお話です。
車の表示灯

スズキのエブリィは燃費が悪い?! 給油ランプが点いてから走れる距離は?

自身もエブリイワゴンのユーザーなので、 今回はスズキのエブリイワゴンをメインにした燃費や航続距離などのお話をしていきます。 はたして給油ランプはどのタイミングで点くのかを実際に検証してみました。
エンジン不調

レガシィBP5のエアフロメーター故障の症状|エンジンやアイドリング不調の原因

今回はBP系のレガシィの故障診断のお話です。 オーナー様はドライブが大好きなナイスミドルなお客様でした。 車が好きなお客様の車の整備をするのはとてもやりがいを感じますが その反面、ご期待に添えるかどうかいつも緊張します。 ...
ブレーキ

寒い日や雨の日に車のブレーキが効かない現象の原因を考える

寒い日の朝や雨降りの日などでは、ブレーキのフィーリングの違うことがあります。 自動車教習所でも少しブレーキングに関する講習もありますが、 車のブレーキには、構造によって特徴や特性が違うので注意する必要があります。
バッテリー

バモスのバッテリー上がりやバッテリーランプ点灯はオルタネーター不良?

走行距離が増えたり低年式になったバモスの定番トラブルといえば バッテリー上がりや警告灯の点灯ですが、この場合はバモスホビオやアクティバンもこれに当てはまります。 じつはバモスのバッテリーの寿命は悪くないのですが、意外な理由でバッテリー上がりにつながるトラブルについても紹介しておきます。
水漏れ

整備士が考えるラジエーターキャップの点検方法や交換時期は?

ほぼすべての車にはエンジンが搭載されていて、エンジンは冷却水で冷やされています。 エンジンの冷却装置といえばラジエーターですが、そこにセットされている「ラジエーターキャップ」にはあまり注意がいきません。 ラジエーターキャップはじつは非常に重要な役割をしていて、本来の機能が失われるとエンジンのオーバーヒートにも繋がります。
オーバーヒート

ラジエーターキャップの圧力を上げるメリットと下げるメリットとは

ラジエーターキャップにはそれぞれメーカーが指定するキャップの圧力があります。 チューニングカーに乗るユーザーのなかにはラジエーターキャップを社外品のものに交換して圧力を変更する人もいます。 今回のお話は、ラジエーターキャップによってラジエーター内にかかる内圧が違うということや、 圧力を変更するとどんなメリットやデメリットがあるのかについてです。
タイトルとURLをコピーしました