車の警告灯

車の警告灯

発電機の修理はするな!? 車の寿命とコスパを考えてみる

車の発電機は、「オルタネーター」とも呼ばれていますが、車にとって非常に重要な電装パーツで、かなりしっかりと作られています。 つまり、発電不良の警告灯が点灯するようなトラブルは、走行距離が多い車の場合がほとんどです。 車の場合、発電機(オルタネーター)の保証は「一般保証」に該当し、新車から三年、または六万キロのどちらか早いほうです。
車の表示灯

車線逸脱警報がうるさいからオフにする?車のLDAとはどんな装備?

最近かなり増えてきた車の安全装備として 「車線逸脱防止機能」 というものがあります。 簡単に言えば、車線を外れて走行していると、警報アラートが鳴ってドライバーに知らせるというものです。 それだけを聞けば、安全に対して積極的に働きかけてくれる、素晴らしい機能です。 ただ、実際は必要がない状況でも警報音が鳴って、結構うっとうしく感じてしまいます。
車の表示灯

メーターの中のAのマークってなんの意味?点滅したらどうなる?

メーターの中に点灯することのあるAのマークはアイドルストップ機能に関する表示なので、警告灯ではありません。 どちらかといえば、ユーザーに車がアイドルストップに関する制御をリアルタイムで知らせているだけです。 このマークがメーターの中に表示される車にはアイドルストップ機能があり、運転手の手が届くどこかに、このマークをしたボタンがあります。 このボタンを押すことで、アイドルストップをしないようにすることができます。 この『Aのマークに丸が点いたようなマーク』はメーカーによって表記の仕方が違っていて、Aのマークの下にオフのマークが点いている場合もあります。
エンジン警告灯

エンジンの警告灯が点灯したあとで消えた!その意味は?対処法は?

エンジンのマークをした警告灯が点灯すると、本来はなんらかのエンジンの不具合が発生します。 ところが、なんの問題もなく車を走らせることができるケースが意外におおいです。 さらに、エンジンマークの警告灯がたしかに点灯したはずなのに、気がついたら消えていた、なんてこともあります。
車の警告灯

エアバッグの警告灯が点いた!その消し方は?車検には合格できるの?

エアバックの警告灯のマークは比較的に意味が分かりやすいですが、この警告灯が点灯する原因は意外と知られていません。「エアバックの警告灯なんだからエアバックが開かなくなるんじゃないの?」たしかにそれも正解ですが、エアバッグが誤作動する可能性もあります。
車の警告灯

車のメーターにビックリマーク!ギザギザの歯車のような警告灯の意味は?

メーターの中にふだん見慣れないようなギザギザのビックリマークが点灯したら、 まずはそのマークの意味を知っておきましょう。 ビックリマークは何種類かあるのですが、 その中でも、この歯車のような形をしたビックリマークは オートマチックに関する警告灯なのです。
まとめ

車の警告灯一覧 | マークが点灯したときの原因や対処法を解説

車の警告灯が点灯したら、安全に直結するものも多数あります。とくに赤いマークの警告灯はエンジン停止やブレーキの不具合などに繋がる可能性があります。また、黄色の警告灯もそのままにしておくことはできませんので、速やかに点検を受けるようにしましょう。
オイル漏れ

高速道路でオイル漏れのマークが点灯したらすぐにやるべきこと

もしも高速道路で、突然車のメーターの中のオイル漏れのような警告灯がついたらかなり驚きますよね。 このオイル漏れのマークは油圧警告灯と言ってこのオイルのマークは油圧警告灯といいます。 ですが仮に警告灯が点灯したとしても高速道路走ってる状態ではすぐに車を止めることができません。 それではこの場合最善の対処の方法としてどのように対応すれば良いのでしょうか。 僕自身はこのような状況に遭遇した事はありませんので、あくまでも考えられるベストな方法を考えてみたいと思います。
車の表示灯

助手席のシートベルト警告が荷物に反応するので解除!車検はOK?

買い物帰りに助手席に重めの荷物を置いて車をスタートさせると、 センターパネルの辺のシートベルト警告灯がチカチカと点滅しています。 もちろん車の持ち主さんならそれが助手席のシートベルトが着用されていない警告灯だということがわかります。 ただ単なる荷物に対して、いちいち反応されるとめんどくさく思ってしまいます。 安全に関する装備なので機能しないようにすると車検に合格するのかも気になりますね。 実はわりと簡単にできるキャンセル機能と法令上は問題ないのかもチェックしておきましょう。
車の警告灯

シートベルトの警告灯の仕組みは?警告灯がつかない?消えない?

シートベルトの警告灯がきちんと点灯したり消えたりするしくみはかなりシンプルで、警告灯の裏側の電球の部分には常に12ボルトの電源が来ています。 小学校の理科の実験で習った乾電池と電球の回路のことを思い出していただければわかりやすいかもしれません。車の鉄でできたボディーの部分は、ボディーアースといい、すべて乾電池で言うところのマイナス側になっています。 シートベルトの警告灯の電球を理科の実験の電球に例えると、乾電池のプラス側の端子から電球までは既に回路がつながっています。 後はマイナス側に回路が接続されれば電球が点灯するのですが、シートベルトのバックルの部分がそのボディーアースになっています。 そのため、シートベルトバックルに差し込むことでこのボディーアースが切断されるような仕組みになっています。  
タイトルとURLをコピーしました