車の警告灯

車の警告灯

エンジンオイルランプがたまにつく|エンジン焼付きの予兆を見逃すな!

エンジンオイルの赤い警告灯のランプが点灯する理由にはいくつかありますが、 どれくらいの頻度でそのランプ点くのかでエンジンの寿命がわかる場合もあります。 5,000円から200,000円の修理費の違いは、このオイルランプが教えてくれるかもしれません。 車からの大事なシグナルを見逃さないために、普段から注意するべき簡単な方法も紹介します。
水温警告灯

高水温警告灯がついたり消えたりする|赤く点滅したあとで消える事例

今回は赤く光る水温警告灯についてのお話です。 ・走行中に水温警告灯がついたらどうすればいいのか ・水温警告灯がついたり消えたりする原因とは ・赤い水温警告灯が点滅したあとどうなるのか これらは電気自動車以外のほとんどすべての車に関係してくることで、 知らないままで運転していると車に大きなダメージを与えてしまうことにもなります。
車の表示灯

ダイハツ:スマートアシストが停止する|故障ではない表示もある?

今回はダイハツの軽自動車にほぼ標準装備されるようになってきた「スマートアシスト」略して『スマアシ』のお話です。 そもそもスマートアシストはなにをアシストしてくれるものなのか? という疑問を持ったかたもおられるかもしれませんが、ス...
車の警告灯

エアバッグの警告灯が点灯や点滅したままの車が高く売れる理由

警告灯がきっかけで車の乗り換えをしてしまおうと思うなら、エアバッグの警告灯と、車の査定額が意外と高いという事実を知っておきましょう。 今回は、年式が7年から10年くらい経過したころから、チラホラと出てくることがあるエアバッグのトラブルと、それにともなった車の下取りや買取に関するお話です。
車の表示灯

スズキのエブリィは燃費が悪い?! 給油ランプが点いてから走れる距離は?

自身もエブリイワゴンのユーザーなので、 今回はスズキのエブリイワゴンをメインにした燃費や航続距離などのお話をしていきます。 はたして給油ランプはどのタイミングで点くのかを実際に検証してみました。
エンジン警告灯

エンジン警告灯が点灯したままでも車を高く売るコツとは?

エンジンの警告灯が点灯したままでは、たとえ車を普通に走らせることができても車を下取りに出すとかなり安い買取額になってしまうことがほとんどです。 場合によっては「この状態では買取できません」と査定を断ってくるところもあるかもしれません。 また、悪質な買取業者なら、エンジン警告灯が点いていることを理由に「廃車なら無料で引き取りますよ」などとふっかけてくることもあります。
車の警告灯

【車がオイルランプ点灯でエンスト】その原因とは?その後の修理は?

いきなり車のエンジンがエンストしてしまったら、軽くパニックになってしまうかもしれません。 ただ、絶対にエンストしないエンジンはありませんが、なんらかのはっきりした原因があってエンストする場合もあります。 また、エンストしたらすぐ...
車の警告灯

発電機の修理はするな!? 車の寿命とコスパを考えてみる

車の発電機は、「オルタネーター」とも呼ばれていますが、車にとって非常に重要な電装パーツで、かなりしっかりと作られています。 つまり、発電不良の警告灯が点灯するようなトラブルは、走行距離が多い車の場合がほとんどです。 車の場合、発電機(オルタネーター)の保証は「一般保証」に該当し、新車から三年、または六万キロのどちらか早いほうです。
車の表示灯

車線逸脱警報がうるさいからオフにする?車のLDAとはどんな装備?

最近かなり増えてきた車の安全装備として 「車線逸脱防止機能」 というものがあります。 簡単に言えば、車線を外れて走行していると、警報アラートが鳴ってドライバーに知らせるというものです。 それだけを聞けば、安全に対して積極的に働きかけてくれる、素晴らしい機能です。 ただ、実際は必要がない状況でも警報音が鳴って、結構うっとうしく感じてしまいます。
車の表示灯

車のメーター内のAのマークってなんの意味?点滅したらどうなる?

メーターの中に点灯することのあるAのマークはアイドルストップ機能に関する表示なので、警告灯ではありません。 どちらかといえば、ユーザーに車がアイドルストップに関する制御をリアルタイムで知らせているだけです。 このマークがメーターの中に表示される車にはアイドルストップ機能があり、運転手の手が届くどこかに、このマークをしたボタンがあります。 このボタンを押すことで、アイドルストップをしないようにすることができます。 この『Aのマークに丸が点いたようなマーク』はメーカーによって表記の仕方が違っていて、Aのマークの下にオフのマークが点いている場合もあります。
タイトルとURLをコピーしました