エンジン警告灯

エンジン警告灯

エンジン警告灯が点灯したままでも車を高く売るコツとは?

エンジンの警告灯が点灯したままでは、たとえ車を普通に走らせることができても車を下取りに出すとかなり安い買取額になってしまうことがほとんどです。 場合によっては「この状態では買取できません」と査定を断ってくるところもあるかもしれません。 また、悪質な買取業者なら、エンジン警告灯が点いていることを理由に「廃車なら無料で引き取りますよ」などとふっかけてくることもあります。
エンジン警告灯

エンジンの警告灯が点灯して加速しない原因とは?修理代は?

エンジンの警告灯が点灯したあとの症状は様々ですが、なかでも「車が加速しなくなる」という症状は、 交通の流れに乗ることができないだけでなく、後続車に追突される恐れもあり、安全上でも深刻な状態といえます。 無事に安全な場所に車を退避させることができたとしても、次によぎるのが 「これ・・・もしかして・・すごい修理代がかかるのかな・・・。」 というコストの問題。
エンジン警告灯

エンジンの警告灯が点灯したあとで消えた!その意味は?対処法は?

エンジンのマークをした警告灯が点灯すると、本来はなんらかのエンジンの不具合が発生します。 ところが、なんの問題もなく車を走らせることができるケースが意外におおいです。 さらに、エンジンマークの警告灯がたしかに点灯したはずなのに、気がついたら消えていた、なんてこともあります。
エンジン警告灯

ユーザー車検は無駄に厳しい!エンジン警告灯で不合格の場合の対処法

2017年2月より、運転席のメーターなどに配置されているエンジン警告灯が点灯している時点でユーザー車検では審査をお断りしてきます。 そのためユーザー車検では、エンジン警告灯が点灯したままの状態では、「車検に合格しない」のではなく、「それ以降の審査を断る」ということなのです。 では、それ以前はどうだったのかというと、結構あいまいな判断をしていて「前回のユーザー車検でも点いてたよ」などと言えば合格になったケースもあります。 それを「これからは一切審査しない」というスタンスにすることで、口うるさいユーザーとの議論を門前払いにしてしまうことになっています。
タイトルとURLをコピーしました