CVT

CVT

CVTの修理費用や期間は?ディーラーと整備工場でどれくらいの差?

今回は、CVTの修理費用や、修理の期間にどれくらいかかるのか、 また、ディーラーと一般整備工場ではどらくらいの違いがあるのか トータルでCVTの修理を依頼するなら どちらが早くて安いのかについてお話していきます。
CVT

CVTオイルとATFの違いとは?どっちもオートマオイルだけど交換時期は違う?

車のオートマチックにはいくつかのタイプがあります。運転手がマニュアルでシフトチェンジをするのが「マニュアルトランスミッション」ですが、車が自動的に変速をしてくれるのが「オートマチックトランスミッション」です。さらに、そのオートマチックトランスミッションの中でも、・ギアチェンジを自動でしてくれるのがAT・ギアがなく無段階に変速する構造のものをCVTおおきく分けるとこの二種類になります。
CVT

車のCVTは故障が多い?!壊れやすい車種や症状や前兆・寿命について

「CVTって壊れやすいんでしょ?」 中古車を販売していると、 お客様からこんな質問をされることがよくあります。 たしかに、壊れない機械なんてありませんが、 どうしてCVTだけが故障が多いようなイメージになってしまったのでしょうか? 今回は、僕の整備士としての経験なども含めて CVTの故障についてお話していきます。
CVT

オートマチックとCVTのメンテナンスの違い?寿命が距離的に有利なのは?

小型車との相性がいいため、CVTは現在多くの車種に採用されている変速機です。 CVTもオートマチックの1つですが、いまだオートマチックといえばAT車を指している その違いを知っている人は意外に少ないのかもしれません。 今回は、従来のオートマチックとCVTとの違いや、 メンテナンスや寿命にの違いについて整備士の経験も織り交ぜてのお話です。
CVT

「CVTオイルが無交換な理由を知りたい」というお客様にお答えしたときの話

「オートマのオイルは交換するのに、なんでCVTオイルは交換しなくていいんだ?」CVTを搭載する車が増えるとお客様からのCVTに関するご質問を受けることが増えました。その中でもとくに多いのがCVTフルードの交換についての質問です。
CVT

【CVTまとめ】フルード交換・異音・運転方法などを解説

「CVTフルードはいつ交換するの?」「CVTからモーターのような異音がするんだけど」などなど、CVTに関する様々なお客様からのご質問などから記事を書いてみました。ディーラーではなかなか答えてくれない内容もありますので、チェックしてみてください。
CVT

CVTからの異音はウィーンというモーターのような音?原因は?

CVTからのおかしなことが気になって仕方がないと言うお客様からの問い合わせが結構あります。もともとCVTはうるさい方ですが、その中でもウィーンと言うモーターのような音は乗り手にとっては気持ちの悪い異音と聞こえても仕方ありません。今回は僕が整備工場でお客様にお話ししている、 CVTの異音に関する質問に対する回答をまとめてみました。
CVT

CVTは運転しにくいし気持ち悪い!乗っててつまらないのはなぜ?

初めてCVT車に乗り込んだ時、あなたはそのフィーリングをどう感じたでしょうか。 中にはこれ壊れてるんじゃないの?と感じた方もおられたようです。ではどうしてこんなにCVTの車は違和感を感じるのでしょうか。 今回はCVT車のフィーリングや、乗ったときの気持ち悪さの理由などなついてお話ししていきます。
CVT

CVTは坂道発進ですごく乗りにくい!サイドブレーキの順番で解消

始めてCVT車に乗ったドライバーは、「なにこれ?滑る??」といった感想を漏らすことが多いです。 この「滑るような感覚」ことがCVT車特有のレスポンスの悪さなのですが、平坦な道ならともかく、勾配のキツい上り坂なら、かなり焦ってしまう場面も少なくありません。 そのため、確実に車体がさがらないような操作をする必要があります。 今回は、CVT車の特性のおもにネガティブな部分である、ダイレクトな操作感に欠けることをどのように解決するのかを考えていきます。
CVT

CVTは乗りにくい?ブレーキで止まる寸前になぜか加速する?!

お客様から、 「この車、止まるときにスーッて進もうとするんです!」 というご相談や当店で販売した車へのプチクレームのようなものをいただくことがあります。 で、決まってCVT車だったりするのですが、 もしも本当にブレーキを踏んでいるのに車が進もうとするのなら、それは危険な状態のはずです。 今回は、CVT車でよくお問い合わせをいただく、CVTは乗りにくいとか、ブレーキの最後がヘン、といったお話について解説していきます。 CVTが乗りにくい原因とは? CVTの特性は、ギアの変速がないことで、つながりがスムーズということです。 しかし、つながりが滑らかといわれる反面、いつも滑っているような感覚になってしまうこともあります。 これは無段階変速機であるCVTの変速の制御をコンピューターで行っていることも原因の一つです。
タイトルとURLをコピーしました