車検に不合格な車を売却するコツ|オークション代行のメリット・デメリット

車検に合格できない車車の買取り査定について

この車、このままじゃ車検に合格できないって言われた。
どうせ売っても二束三文だろうし、どうすりゃいいんだよ・・。

車のメーターにヘンなマークが点いてて、

たぶん車検にも通らないんだよね?
修理するのもすごいお金がかかるみたい…。

・エンジン警告灯
・パワーステアリングの警告灯
・エアバッグ警告灯
・CVTの警告灯
・オイル漏れ
・水漏れ
・フロントガラスの割れ
・事故などで車体に大きな損傷
サボカジ
サボカジ

↑ これらの状態は残念ながら車検に合格できない状態で、

20年以上も整備士をしているとよくあることです。

とはいえ、お客様への説明にはいつも気を使ってしまいます。

しかも車検に合格するための修理費も高額になってしまうことが多く

「クルマ、買い替えようかな・・・。」

という思いが頭をよぎるユーザーさんも多いはずです。

ただしこの状態では査定に出してもかなりマイナスな査定額を提示されてしまいます。

修理をしても修理費が上乗せされた以上の査定額で買い取ってくれることもありません。

今回は、車の販売と整備士をやってきた僕がおすすめする、

車検に合格しない状態の車をお金と時間をかけずに高く売るためのコツとして

車のオークション代行サービスの仕組みやメリット、デメリットについてお話していきます。

高額な車検をするべきか、車を手放すべきか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

  1. 車検に合格できない車の買取り査定は安い
    1. ディーラーに下取りに出すのはもったいない
    2. 買取り専門店も敬遠しがち
    3. 瑕疵担保責任に問われる事例もある
    4. 個人売買は危険?
  2. 車検に合格できなくても高く評価される車の売り方
    1. 日本から年間で130万台もの中古車が輸出されている
    2. 日本から来た車は世界有数の高品質な中古車
  3. 車検に合格しない車でも海外では高く評価されている
    1. 輸出専門の業者なら買取額がまるで違う
    2. 海外輸出業者にアプローチするには?
    3. できるだけ多くの買取業者に競合させることが重要
    4. 買取業者と直接やりとりしないメリット
  4. カーオークション代行サービスとは
    1. カーオークション代行サービスの特徴とは・・・
    2. 売り手と買い手を安全につなぐサービス
    3. 「楽天」と「ユーカーパック」が二強
  5. オークション代行サービスのメリット
    1. やり取りは一社のみで完結する
    2. より多くの買取業者にアプローチ
    3. 個人情報が参加業者に漏れない
    4. 高く売るアドバイスをしてくれる
  6. オークション代行サービスのデメリット
    1. 入札額が設定した金額を超えたら売却が決まってしまう
    2. 複数のオークションの同時利用は不可
    3. 「今すぐ売りたい!」は難しい
    4. 最高額で売ることは難しい?
    5. オークション代行にも違いがあるのでチェックしておこう
  7. 楽天カーオークション
    1. かなりのスピード対応が◎
    2. 成約手数料が22,000円もかかるのがネック
    3. 参加する業者は約2,000社
    4. 成約すると楽天ポイントがもらえる
  8. ユーカーパック
    1. 【重要】売り切り価格で売却が決定される
  9. 【結論】より車を高く売るなら・・?
    1. 最大8000社が参加するユーカーパックがおすすめ
  10. 【まとめ】買取店やディーラーとの価格交渉材料にもできる

車検に合格できない車の買取り査定は安い

車の査定業者

ディーラーに下取りに出すのはもったいない

ディーラーの営業マンは車の査定に関してはあまりくわしくなく、新車を販売するために下取りもやっているという感じです。

彼らの本音としては、「この車には値段が付きませんねー」と廃車を勧めてしまって早く終わらせたいと思っています。

なかには、下取り額の値段交渉をすると、近くの買取店で売ってしまうほうがいい、みたいな話をしてきます。

とくに車検に合格しないような状態の車に対してはかなり消極的な反応しか返ってこないでしょう。

かなり安い車の売り方になってしまうので、ディーラーへの下取りはもったいなすぎます。

買取り専門店も敬遠しがち

車 買取専門店

判断が難しい車には保険をかける

警告灯や水漏れ、オイル漏れなど、車検に通らないような車はかなり警戒してきます。

たとえば、元整備士で買取査定にも詳しいスタッフなら、査定額にどれほど影響がでるのかが判断できますが、「難ありな車」にはいい値段を付けてきません。

そのため、安めの査定額を出してくることがほとんどです。

例外があるとすれば、特定の車種の専門店なら強気な買取額を提示してくれることもあります。

サボカジ
サボカジ

例えばですけど

ジムニー専門店にジムニーを持ち込んだときなどですね。

買取店はとにかく安く買い取ろうとしてくる

買取専門店のスタッフの仕事は、売れる車を少しでも安く買い取ることが目的です。

警告灯やオイル漏れ、水漏れ、ボディへの損傷がある車には、これらが大きなマイナスポイントであることをアピールしてきます。

その車の本当の価値を知らないユーザーなら、彼らのセールストークに丸め込まれてそのままの言い値で売ってしまうケースも多いです。

瑕疵担保責任に問われる事例もある

怒った顔

瑕疵担保責任とは

車の売買における瑕疵担保責任とは、車を売却する際に、その車の不具合などを告げずに下取りや買取りに出す行為を行った場合に生じる契約違反です。

つまり車検に合格できない部分があることを知っていた上でそのことを査定士や買取業者に告げなかった場合、売買契約を破棄されたり買取額を減額されることもあります。

トラブルを回避するためにも告知義務は守りたい

フロントガラスに大きな飛び石があるとか、灯火類のレンズが割れているなどは、見落とした査定士に問題があり、ユーザーには非はありません。

しかし、警告灯がたまに点灯したり、特定の条件でしか発生しないような不具合は査定では把握することができません。

もしもその不具合を修理するために高額な費用がかかるとなると、瑕疵担保責任に問われることもあります。

すべてを詳細に告げる必要はありませんが、整備工場で指摘された高額修理などは告知しておくほうが無難といえます。

個人売買は危険?

ネットオークション

かなりのリスクをともなう売却方法

メルカリやヤフーオークションで車の売買をすることもできますがどうしてもリスクが付きまといます。

車を最も高く売る方法といえば、個人売買で高く買ってくれる人を探し出して双方で合意の上で金銭のやり取りを終わらすことです。

あなたの愛車を最も高く買い取ってくれて、なおかつ代金も現金でもらえて、後日クレームなども言ってこない買い手を見つけることができれば最高です。

ですが、車業界でなんのネットワークも持たない一般人がこんないい買い手を見つけることができるでしょうか。

国民生活センターでは、個人売買でのトラブルに関する相談も非常に多く寄せられていてリスクが高く、なおかつ時間と労力がかかる車の売り方といえます。

もしもオークション形式で車を売却するなら、きちんとした業者が間に入ってくれるオークション代行サービスなどが安全です。

【結論】おすすめのオークション代行サービスはこちら↓

 

車検に合格できなくても高く評価される車の売り方

パソコン 車の置物

日本から年間で130万台もの中古車が輸出されている

海外への自動車輸出船

日本には自動車メーカーが何社もあり、新車も中古車も安定して購入することができます。

これは世界的に見れば非常に恵まれていて、ほとんどの国や地域では自動車を自国で製造していません。

ほとんどの国では輸入でしか車が入手できない

そのため、自動車を手に入れるには100%輸入に頼るしかなく、それぞれの国の法律などで新車を輸入できない国もあります。

そんななか、日本車は非常に性能がよく世界中からの人気も高いため、日本からはかなりの台数の中古車が輸出されていきます。

【外部リンク】近年の中古車貿易量の変動

日本から来た車は世界有数の高品質な中古車

エチオピア 道路

サボカジ
サボカジ

↑ エチオピアでは古い日本車が現役で走っているようです。

日本の車検制度は厳しすぎる?

日本国内では「車検に合格できない車」という評価をされた状態でも、海外では「ぜんぜん普通に乗れるよ!」とうことはよくある話です。

フロントガラスに大きなヒビが入っていようが、エンジンの警告灯が点灯したままだろうが、基本性能があれば現地では貴重な足になります。

とくにオイル漏れや水漏れに対する車検での厳しさは海外では不思議に感じるかもしれません。

また、日本国内で使用されてきたときには、乗用車なら2年に一度、貨物車なら毎年、車検を受けなければなりません。

車検の内容もかなり厳しく、海外の車検と比較しても高額で時間がかかるのが日本の車検制度です。

車検がない国もある

そもそも車検もない国もあり、「とりあえず車は走ればいい」という考え方の国も多くあります。

日本で廃車になったような車に対しても「この車のどこがダメなんだ!」と不思議に思うくらいの認識の違いがあります。

【結論】おすすめのオークション代行サービスはこちら↓

車検に合格しない車でも海外では高く評価されている

海外の自動車事情
ここからが今回のお話の大きなポイントですが、日本で車検に不合格になるような車も海外では多くの需要があるということです。

輸出専門の業者なら買取額がまるで違う

日本からは年間に130万台もの中古車が輸出されているとお話しましたが、それぞれの国の車に関する事情に詳しい業者がいます。

彼らは日本人でないことも多く、流暢な日本語を使いこなし、自国にむけて日本車を仕入れて送っています。

実際に外国人の輸出業者さんとお話をしたこともありますが、すごく勉強熱心で貪欲なイメージがありました。

彼らは整備工場で廃車になっているような車を見かけると、目ざとく話しかけてきます。

すぐに値段交渉をしてくることもありますが、かなりの金額を提示してくることもあり、整備工場としてもありがたいお客様だったりします。

また、アルファードやランドクルーザーが新車よりも高値で取引されることもあり、海外の富裕層が日本車を持つことをステータスにしています。

 

サボカジ
サボカジ

日本にいると、日本車が安い価格で手に入ることのありがたさが分かりにくいですが、海外では現役バリバリで使える車たちが日本ではスクラップになっていくのです。

海外輸出業者にアプローチするには?

自動車オークション会場

輸出業者と直接で車を売るような交渉は難しいし、個人売買となるとリスクもあります。

安全に、かつ迅速に輸出業者に車を買い取ってもらうには、全国の買取業者にアプローチできて、間に立ってくれる中継ぎ業者が必要です。

多くの中古車はオークションで流通している

僕自身も中古車の販売を担当しますが、お客様から「こんな中古車が欲しい」と依頼されれば、まずは中古車オークションをチェックします。

また、買い取った車がすぐに販売できないような車種なら、オークションに出品してしまいます。

サボカジ
サボカジ

中古車査定の講習でカーオークションの会場に行ったことがありますが、その敷地の広さと集まった車の多さに圧倒されました。

業者間のオークションにも輸出業者は参加している

通常の買取専門店やディーラー、中古車販売店などで買い取られた下取り車や買取車のほとんどはオークションに出品されます。

よほど大きな自社の販売ネットワークがないかぎり、買い取った車をそのまま自社で売ることは長期在庫になってしまうリスクがあります。

海外への輸出をメインにしている業者もこれらのオークションに参加していて、海外からの需要をリアルタイムで確認しながら買付けをしています。

できるだけ多くの買取業者に競合させることが重要

整備士が買取査定

オークションこそ市場原理の縮図

多くの人が見て価値を感じた人が価格を決め、最も価値が高いと判断した人が対価を払い購入していく。

オークションとは物の価値を合理的に、かつ平等に決めるための優れたルールといえます。

一般ユーザーが手放す中古車の価格は、品質が全く同じというものはなく、地域性もあるため、売り手としては高く売れたのかどうかもわかりません。

その点、全国の買取業者が参加しているオークションに出品すれば、車を安く買い叩かれることはありません。

安すぎる入札をしても、他の業者がそれよりも高い価格を入札してくるので、安すぎる価格で売ってしまうことはありません。

板金工場もオークションに参加している

自社で板金修理ができる買取業者も多数参加しているので、傷や凹みがあってもオークションで強気な価格を入札してくることがあります。

自社で修理をすれば、コストを抑えてその車の価値を上げることができるので、他の業者が避ける車でも買うメリットがあるのです。

「欲しい!」のタイミングはみんな違う

結局は、その車をいくらで欲しいのかという事情は買取業者でも違うわけで「その車、欲しい!」というタイミングで買ってもらうのがベストなのです。

そういった意味でも、ネットを利用したオークションは、リアルタイムでの「その車が欲しい!」にアプローチできます。

買取業者と直接やりとりしないメリット

買取のプロには勝てない?

とはいえ、もしも買取専門店で、一対一の価格交渉をすれば、「買取のプロ」と「車を売る素人」との戦いとなり、豊富なセールストークで丸め込まれてしまうでしょう。

そこには圧倒的な経験の差があり、対等な交渉が行われるとは言えません。

今ここで決めてくれるなら、プラスで3万円付けますよ!

ウチが一番高値だと思いますよ!

来月だったらこの価格では買い取れません

これらは車の買取業者の典型的なセールストークです。

いかがでしょうか?この言葉の根拠を一般ユーザーが知ることはできません。

明確な基準がないので、得をしたのか損をしているのかすらわかりませんよね・・・。

他の買取業者を見方にすることが重要

個別に買い取り業者と価格の交渉をしていても、そのつど他の業者の言葉を覆されたりすることも多々あるのが買取業者とのやりとりです。

それに対抗するためには、多数の買取業者が参加するオークションに出品することで、より多くの買い取り業者からの評価を同時に受けることなのです。

サボカジ
サボカジ

悪質な買い叩き業者に対抗するには、多くの買取業者を見方にすればいいのです。
これもオークションの大きなメリットだと思います。

同時に多数の業者に見せて価格を決めてもらうことができれば、

「ユーザー VS 買取業者」ではなく、

「買取業者 VS 買取業者」

という構図で、あなたの愛車の価格が決まっていくのです。

一般人は業者オークションに参加できない

業者間でのオークションに自分の車を直接出品することはできません。

登録した業者が、それぞれのオークションに参加する手数料を支払っているからです。

そこで『オークション代行サービス』を利用すれば、そのサービスのネットワークの中で愛車をオークションに出すことができます。

もちろん、お金や名義変更のやり取りも車の画像撮影、最後の引取りまですべてやってくれるので、手間やリスクもありません。

【結論】おすすめのオークション代行サービスはこちら↓

カーオークション代行サービスとは

カーオークション代行サービスの特徴とは・・・

インターネットの普及が可能にした新しいサービス
個人売買のオークションサイトではない
専属のスタッフとだけやり取りするだけでいい
買取業者との直接のやり取りは不要
パソコンやスマホで申し込みができる
オークションなので価格交渉はしなくていい
車検が切れていても出品できる
引取りも無料でやってくれる
オートローンが残っていても売却可能

売り手と買い手を安全につなぐサービス

たとえば、個人で物を売りたいときによく利用されるネットを利用した売買の仕組みとして「メルカリ」が有名です。

メリカリの場合、優れたシステムのおかげで売り手と買い手をマッチングしてくれて、その仕組を利用した手数料をメルカリ運営に払います。

オークション代行サービスも、車を買い取りたい業者と売り手(ユーザー)を匿名のままでつないでくれる仕組みになっています。

オークションに参加するのは買取業者のみ

また、個人売買と違って当人同士が連絡を取ることもなく、お金のやり取りでトラブルになることもありません。

たとえば、メルカリのすごいところは「普通、そんなもの誰も買わないでしょ!」といいたくなるものまで売れてしまうところです。

それと同じように、オークション代行のシステムも、より多くの買取業者にあなたの車を訴求してくれることで、「まさかあの値段で・・?」という買い手が見つかるのです。

「楽天」と「ユーカーパック」が二強

今のところ、オークション代行サービスといえば楽天カーオークションユーカーパックが大手です。

かなり大掛かりな仕組みが必要なので、資金力がある企業でなければそもそも成立しません。

テレビコマーシャルでも流れることがある「ガリバーフリマ」もオークション代行とは少し趣旨が違います。

【結論】おすすめのオークション代行サービスは?↓

 

オークション代行サービスのメリット

やり取りは一社のみで完結する

ユーカーパックの特徴

査定も一回で終わり

一括査定サイトのサービスなどに申し込むと、それぞれの買取業者が代わる代わる査定をするために電話をしてきます。

同時に複数の業者との査定はNGとしてくる業者もいるので、そのつど時間をあけて待ち合わせをして査定に付き合わなければなりません。

それに対してオークション代行サービスは、一回の査定だけでオークションに出品できるので忙しい方にはとても助かります。

「鬼電」はなくストレスがない

車一括査定サイトのデメリット

一括査定サイトの悪いイメージを植え付けてしまったのが、複数の買取業者からの営業電話です。

サイトに登録したとたんから電話がひっきりなしに鳴り続け、ユーザーはげんなりしてしまいます。

その点、オークション代行サービスは電話でのやり取りも最後までそのサービスのオペレーターとだけで完結します。

また、オークション代行の場合、個人情報を買取業者に漏らすことがないため、業者からの営業電話があとからかかってくることもありません。

より多くの買取業者にアプローチ

車を高く売るために重要なことは、より多くの買取業者にあなたの車を見てもらって価格を決めてもらうことです。

そのためには、大手の買取業者はもちろん、カスタムショップや海外輸出専門の業者、町の中古車販売業者にもアプローチすることが大事です。

その点でオークション代行の場合は全国の加盟店に「この車、いくらで買い取ってくれます?」というアプローチができます。

個人情報が参加業者に漏れない

車を売却するための書類のやり取りや、売却金の入金もすべてオークション運営会社がやってくれます。

高く売るアドバイスをしてくれる

オークションを運営する側は、少しでも高い価格で落札される方が、落札した業者への手数料も増えるため、ユーザー側に立った価格のアドバイスをしてくれます。

なので、この仕組みではオークション側と参加する業者がグルになってユーザーから安く車を買い叩いてしまうということにはなりません。

 

サボカジ
サボカジ

この仕組みって、かなり「三方良し」な優れたシステムだなって思います。

【結論】おすすめのオークション代行サービスはこちら↓

 

オークション代行サービスのデメリット

オークション 売買契約成立

入札額が設定した金額を超えたら売却が決まってしまう

まずはじめに査定が終わると「売り切り価格」とか「最低落札価格」と言われる金額を持ち主が設定します。

この価格は、「これ以上の金額で入札されたら必ず車を売ります」という意味なので、この売り切り価格の設定は査定士と相談して慎重に決める必要があります。

実際にオークションがスタートし、その金額以上の入札があった場合、車を売却することが決まり、キャンセルもできません。

 

サボカジ@整備士
サボカジ@整備士

逆に言えば、「この価格なら絶対売りたい!」っていう強気な価格に設定しておけばいいんです。
まぁ、あまりにも的外れな価格を言っても「もう少し下げませんか?」とアドバイスされますけど。

キャンセルできるタイミングもある

最低落札価格(売り切り価格)に到達しなかった場合は、再度オークションに出品するかキャンセルするかを選ぶことができます。

複数のオークションの同時利用は不可

オークションという性質上、「ユーカーパック」と「楽天カーオークション」を同時に利用することはできません。

ただし、キャンセルになった時点で別のサービスに申し込むことは問題ありませんので、時期をズラして別々のサービスを利用することは可能です。

「今すぐ売りたい!」は難しい

愛車を手放す

システム上ややスピード感に欠ける

オークション代行サービスという仕組みのうえで、どうしても時間はかかります。
・査定を依頼してから査定員と直接コンタクトが取れる
→1日~3日くらい

・オークションが行われ納得できる入札額になり成約する
→1日ほど

・引取業者が車を引き取りに来てくれる
→2日~3日くらい

これらは2月や3月などの繁忙期になるとまた違ってきますし地域差もあります。

オークション代行サービスのデメリットはややスピード感に欠けること。
ネットからの申し込みから売却が完了してお金が振り込まれるまでに一週間以上はかかる

査定の時間がやや長め

現地に査定士が到着したら、車の査定が始まりますが、専用アプリがインストールされたiPadなどで画像を撮影し、情報がアップロードされます。

ユーザーの個人情報は一切公開されませんが、車の状態にはかなりしっかりとチェックが入ります。

撮影される画像の枚数がかなり多く、メーター内の走行距離やエンジンルーム、サイドシルの修復歴などなど、非常に詳細にチェック、撮影します。

ユーカーパック査定現場

↑ ユーカーパックの査定はこんな感じ。かなり念入りに画像撮影していきます。

ユーカーパックの詳細はこちら ↓

この工程でおよそ1時間ちかくかかり、ユーザーさんはその場で待ち続ける必要はないありませんので自宅ならいいものの、外出先ではやや時間を持て余します。

とはいえ、ここで撮影される詳細で細やかな画像の多さこそが、全国の買取業者が車を実際にチェックしなくても「この車、欲しい」と入札させる唯一の情報なのです。

プロの中古車販売業者が「この車なら大丈夫」と納得できるものでなければ、この仕組は成り立ちません。

時間はかかりますが、査定士を急かせることなく待つことがいい結果になります。

最高額で売ることは難しい?

車とお金 イメージ

人件費がかかっていることは確か

オークション代行サービスのメリットは安心して愛車をオークションに出品できることです。

ですが、デメリットもあって、

・オークション代行サービスは買取業者から手数料をもらっている

・買取業者は利益が乗せられる程度の価格で車を落札する

この2点を考えると、最低でもこれだけの中間マージンが差し引かれた金額が売り手に支払われることになります。

他にも、車の輸送コストや買い取った業者が商品として販売するための整備や清掃にも人件費として上乗せされていきます。

その点では、車の一括査定サイトもまったく同じことが言え、すべての中間マージンを排除した最高額を売り手が得ることはできません。

サボカジ
サボカジ

最高の価格で車を売るなら、個人売買で双方が相場に詳しく絶対にトラブルにならないなら最高額で売ることくらいでしょうね。

とはいえオークションには夢がある

オークション代行サービスでは最高額で車を売ることは難しいと上述しました。

ところが、オークションであるがゆえの高額落札という事例もあり、買取専門店ですら驚く入札額が入ることがあります。

車の買取業界では、こういった高額での落札のことを「跳ねる」という表現をします。

落札額が跳ね上がる原因のほとんどは海外からのもので、災害、紛争、感染症のパンデミックなどが特需を生み出すことがあるのです。

 

サボカジ
サボカジ

サンルーフ付きのボロボロのハイエースが約200万円で落札されたことがあったらしく、中東での軍用車としての用途だったみたいです。

サンルーフから上半身が出せるワンボックスカーだけの特需ってことですね。

オークション代行にも違いがあるのでチェックしておこう

車を売ることに特化したオークション代行サービスとしては「楽天カーオークション」と「ユーカーパック」の2社がメインです。

ただ、同じような仕組みとはいえ、それぞれの強みや違いもあり、どちらを利用するか先に確認しておく必要があります。

【結論】おすすめのオークション代行はこちら ↓

楽天カーオークション

かなりのスピード対応が◎

さすがIT企業でもある楽天グループのオークション代行システム、自動化も進んでいて処理が早いと感じさせます。

売買契約が成立したあとの入金処理もかなりスピーディ。オークション代行を利用しつつ、早く車を手放したいなら楽天カーオークションに分があります。

成約手数料が22,000円もかかるのがネック

楽天カーオークションでかなり気になったのがここ。

入札額が設定値を超えて、売買契約が成立したら、売却額から22,000円(税込み)が差し引かれた金額がユーザーに振り込まれることになっています。

せっかくオークションで車を高く売ることができても、22,000円も手数料がかかるのはかなり痛いですね。

ちなみに、このあと紹介するユーカーパックの成約手数料は無料です。

参加する業者は約2,000社

オークションに参加する業者の店舗数はユーカーパックの8000社にはだいぶ見劣りしてしまいます。

とはいえ、かなり大手の業者も参加することもあり、あなどれません。

成約すると楽天ポイントがもらえる

オークションに出品し、最低落札価格よりも高く入札され成約となった場合、楽天ポイントが1000ポイントもらえます。

楽天経済圏でポイントを集めている方にとってはまさにお金と同等ですが、もう少しポイントが欲しいところではあります。

楽天カーオークションの無料査定はこちら>>

 

ユーカーパック

ユーカーパック 公式サイト
新しい車の売り方として定着しつつある車のオークション代行サービスの中でも、最も多くの買取業者と提携しているのがユーカーパックです。

ユーカーパックをおすすめする理由

2022年1月現在、最大8000社の業者がオークションに参加していて、一般ユーザーの愛車がユーカーパックの専用オークションサイトで活発に売買されています。
オークションという性質上、より多くの業者が参加するサービスを利用することが車を高く売るコツです。

ユーカーパックの無料査定はこちら>>

【重要】売り切り価格で売却が決定される

これまで述べたとおり、オークション代行サービスにはメリットがたくさんありますが注意点もあります。

専用サイトの中で買取業者からの「その車、ウチが買います!」という入札が入り、その額が売り切り価格に到達すれば売買契約が成立します。

つまり、予め設定した売り切り価格を入札額が超えた時点で、車を売却することが決まってしまうのです。

売り切り価格を高く設定しておく

「え?・・じゃあ、設定した売り切り価格が安かったら損しちゃうよね・・?」

と心配する必要はありません。

売り切り価格は予めオークションに出品するまえに自分で設定することができるので、安い価格で車を買い取られてしまうということはありません。

売り切り価格へのアドバイスもしてもらえる

そこで売り切り価格をいくらにするのかが重要になってきますが、ユーカーパック側から「今の相場から、これくらいでいかがでしょうか」という打診があります。

ユーカーパックとしては、できるだけ高く落札されれば、それだけ落札手数料を買取業者に請求できる仕組みなので、ユーザー側に配慮した価格を教えてくれます。

 

【結論】より車を高く売るなら・・?

最大8000社が参加するユーカーパックがおすすめ

ユーカーパックの特徴

オークションのメリットを最大限に活かそう

オークションという仕組みを利用する上では、参加する業者が多いほど有利です。

ユーカーパックに参加する買取業者は最大級の8000社で、かなりレアな車でも興味を持ってくれる業者が見つかるかもしれません。

高年式車、外車、旧車、SUV、スポーツカーなど、より多くの業者にアプローチしてもらうことが非常に大事です。

価格交渉のアドバイスもありがたい

楽天カーオークションでマイナス要素なのが「最低落札価格に関するアドバイスが弱い」ということ。

それに対して、ユーカーパックは積極的に売り切り価格(最低落札価格)についてアドバイスしてくれます。

現実的な額をアドバイスしてくれるので、それと知らずに安い売り切り価格にしてしまうこともありません。

また、入札額が入らず、オークションが流れてしまったあとに「売り切り価格をこれくらいにさげませんか?」という提案もしてくれます。

これらのやり取りをスマホでチェックしながらやり取りできるというのも、忙しい方や引っ越しが近い方にはありがたいですよね、

成約の手数料も無料

楽天カーオークションなら成約手数料が22,000円かかりますが、ユーカーパックは無料。これはとくに軽自動車やコンパクトカーではかなり大きい額ですね。

ユーカーパックの無料査定はこちら>>

スピード重視なら楽天もあり

ユーカーパックよりも楽天のほうが成約から振り込みまでの処理が早いケースもあり、少しでも早くお金が欲しい、という場合は楽天かもしれません。

楽天カーオークションの無料査定はこちら>>

【まとめ】買取店やディーラーとの価格交渉材料にもできる

車の買取査定

今回ご紹介した『車のオークション代行サービス』では、車検に合格しない状態の車でも多くの業者にアプローチすることができます。

もしも売り切り価格に入札額が到達せず、買い手が決まらなかった場合は、再度出品するかキャンセルをすることもできます。

このときの入札額を参考にすることで、別の買取査定のサービスなどでの交渉材料になりますし、ディーラーの下取り額を上げてもらう根拠にもなります。

車の売り方を間違ってしまうと、数万円どころか数十万円もの損をしてしまいます。

何日もかけて買取専門店をまわるのもアリかもしれませんが、車検切れや車検に不合格な状態ならネットを利用したオークションにかなりメリットがありますね。

なお、スマホなどで無料査定を申し込むときには、お手元に車検証があると入力がスムーズです。

「車のメーカー」「車種」「年式」「現在のだいたいの走行距離」がわかればOKです。

入力後にその車の概算価格が表示されるのですぐに愛車の相場がわかるのも便利ですね。

【トータルでおすすめ!最大8000社が参加する】
ユーカーパックの無料査定はこちら>>

 

【入金までのスピードの速さなら楽天グループ】
楽天カーオークションの無料査定はこちら>>

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました