軽自動車のホイールナット締め付けトルク一覧表

軽自動車 ホイールボルト・ナット増し締め車の不具合や修理

はじめにお読みください。

本記事で記載しているホイールナットの締め付けトルクの値はあくまでも参考値としていただき、該当する車種かどうかの確認が取れない場合はディーラーに確認するようお願いします。また、メーカーの指定する締め付けトルクで増し締めをした場合でも取り付け強度を確保できないケースもあり、以下の条件に該当する場合はトルクレンチによる定期的な緩みチェックをおすすめします。

・スペーサーやワイドトレッドスペーサーを使用している

・純正品以外のハブリングを使用している

・モータースポーツで使用している

・ブーストアップなどで出力を大幅に向上させている

・ハブボルトを交換した直後

・新品の社外品アルミホイールとナットを装着した直後

国産普通車のホイールナット締め付けトルク一覧表はこちら>>

スポンサーリンク

◆目次|ホイールナット締め付けトルク一覧

スズキ

スズキ

 

 

スズキ|取扱説明書はこちら>>
◆ホイールナット二面幅19mm/ハブボルトサイズM12×1.25
アルト、アルトエコ、エブリィ、エブリイワゴン、キャリィ、スペーシア、スペーシアカスタム、セルボ、ツイン、ハスラー、パレット、ラパン、ワゴンR、ワゴンRスティングレー85N·m / 8.7kgf·m
ジムニー(JB64W)100N·m / 10.2kgf·m取扱説明書
ジムニー(JB23W)95N·m / 9.7kgf·m
ジムニー

(JA11V)

(JA22)

 

5kgf・m~8kgf・m8kgf・mでの増し締めをおすすめします

 

スバル

スバル

スバル|取扱説明書ダウンロードはこちら>>
◆ホイールナット二面幅19mm/ハブボルトサイズM12×1.25
ヴィヴィオ
(KK3)
(KK4)
(KW3)
(KW4)
9kgf·m ± 1kgf·m9kgf·mでの締付けをおすすめします
サンバー
(TW1)
(TW2)
(TT1)
(TT2)
(TV1)
(TV2)
100N·m
ステラ
(RN1)
(RN2)
100N·m
プレオ
(RA1)
(RA2)
(RV1)
(RV2)
(RJ1)
100N·m
◆ホイールナット二面幅21mm/ハブボルトサイズM12×1.5
サンバー
(S201H)
(S201J)
(S211H)
(S321B)
(S331B)
103N·m / 10.5kgf·mダイハツ・ハイゼットOEM
ステラ
(LA100F)
(LA110F)
103N·m / 10.5kgf·mダイハツ・ムーヴOEM
ルクラ
(L455F)
(L465F)
103N·m / 10.5kgf·mダイハツ・タントエグゼOEM
プレオプラス
(LA300F)
(LA310F)
103N·m / 10.5kgf·m ダイハツ・ミライースOEM

 

ダイハツ

ダイハツ

ダイハツ|取扱説明書ダウンロードはこちら>>
◆ホイールナット二面幅21mm/ハブボルトサイズM12×1.5
MAX、SONICA

アトレー、アトレーワゴン、ウェイク、エッセ、

オプティ、キャスト、キャストアクティバ、キャストスポーツ、コペン、

タント、タントカスタム、タントエグゼ、タフト、テリオスキッド、ネイキッド、

ハイゼット、ハイゼットカーゴ、ハイゼットキャディー、ハイゼットトラック

ミラトコット、ミラ、ミラアヴィ、ミライース、ミラココア、ミラジーノ、ミラバン、

ムーヴ、ムーヴカスタム、ムーヴキャンバス、ムーヴラテ

103N·m / 10.5kgf·m

 

トヨタ

トヨタ

トヨタ|取扱説明書ダウンロードはこちら>>
◆ホイールナット二面幅21mm/ハブボルトサイズM12×1.5
ピクシス・エポック103N·m / 10.5kgf·mダイハツ・ミライースOEM
ピクシス・ジョイ103N·m / 10.5kgf·mダイハツキャストOEM
ピクシス・スペース103N·m / 10.5kgf·mダイハツムーヴコンテOEM
ピクシス・トラック103N·m / 10.5kgf·mダイハツ・ハイゼットトラックOEM
ピクシス・バン103N·m / 10.5kgf·mダイハツ・ハイゼットバンOEM
ピクシス・メガ103N·m / 10.5kgf·mダイハツ・ウェイクOEM

 

スポンサーリンク ↓



 

日産

日産

日産|取扱説明書ダウンロードはこちら>>
◆ホイールナット二面幅21mm/ハブボルトサイズM12×1.5
NT100クリッパー88 N·m~108N·m
(9.0kgf・m~11.0kgf・m)
三菱ミニキャブOEM
NV100クリッパーパネルバン三菱OEM
NV100クリッパートラック三菱ミニキャブトラックOEM
オッティー三菱OEM
EKワゴン
キックス三菱OEM
パジェロミニ
クリッパー(2004~)三菱OEM
ミニキャブ
クリッパーリオ(2007~)三菱OEM
デイズ
デイズハイウェイスター
88 N·m~108N·m
(9.0kgf・m~11.0kgf・m)
OEM
デイズルークスOEM
ルークス
(B44A)
(B47A)
(B45A)
(B48A)
88 N·m~108N·m
(9.0kgf・m~11.0kgf・m)
三菱との共同開発車
◆ホイールナット二面幅19mm/ハブボルトサイズM12×1.25
NV100クリッパー
(DR17V)
85N·m / 8.7kgf·mスズキOEM
(エブリィバン)
NV100クリッパーリオ
(DR17W)
85N·m / 8.7kgf·mスズキOEM
(エブリィワゴン)
NT100クリッパー
(DR16T)
85N·m / 8.7kgf·mスズキOEM
(キャリートラック)
ピノ
(HC24S)
85N·m / 8.7kgf·mスズキOEM
(アルト)
モコ
(MG21S)
(MG22S)
(MG33S)
85N·m / 8.7kgf·mスズキOEM
(MRワゴン)
ルークス
(ML21S)
85N·m / 8.7kgf·mスズキOEM
(パレット)

◆この記事の目次にもどる

スポンサーリンク

 

ホンダ

ホンダ

ホンダ|取扱説明書ダウンロードはこちら>>
◆ホイールナット二面幅19mm/ハブボルトサイズM12×1.25
N-BOX、N-BOXカスタム、N-ONE、N-WGN、

S660、

ザッツ、ゼスト、ゼストスパーク

トゥデイ

108N·m(11kgf·m)
アクティ、アクティトラック、アクティバン98N·m~118N·m
(10.0kgf·m~120.0kgf·m)
108N·m(11kgf·m)での締付けをおすすめします
アクティストリート(HA3)98N·m~118N·m
(10.0kgf·m~120.0kgf·m)
バモス、バモスホビオ、バモスホビオプロ98N·m~118N·m
(10.0kgf·m~120.0kgf·m)

 

マツダ

マツダ

マツダ|取扱説明書ダウンロードはこちら>>
◆ホイールナット二面幅19mm/ハブボルトサイズM12×1.25
AZ-オフロード95N·m / 9.7kgf·mスズキOEM
(ジムニーJB23)
AZ-ワゴン、キャロル、キャロルエコ、スクラム、スクラムトラック、スピアーノ、フレア、フレアクロスオーバー、フレアワゴン、ラピュタ85N·m / 8.7kgf·mスズキOEM

 

三菱

三菱

三菱|取扱説明書ダウンロードはこちら>>
◆ホイールナット二面幅21mm/ハブボルトサイズM12×1.5
i MiEV
i
88 N・m~108N・m
(9.0kgf・m~11.0kgf・m)
98N・m(10.0kgf・m)での締付けをおすすめします
ekアクティブ、ekカスタム、ekクラッシー、ekクロス、ekクロススポーツ、ekスペース、ekスポーツ、ekワゴン、88 N·m~108N·m
(9.0kgf・m~11.0kgf・m)
タウンボックス
(U61W)(2002~2013)
(U62W)(2002~2013)
88 N・m~108N・m
(9.0kgf・m~11.0kgf・m)
ミニカ、ミニカバン、ミニカトッポ88 N・m~108N・m
(9.0kgf・m~11.0kgf・m)
ekクロスEV98N·m(10.0kgf·m)
ミニキャブトラック
(U61T)(2012/7~2013)
(U62T)(2012/7~2013)
90N・m~110N・m100N·mでの締付けをおすすめします
ミニキャブバン
(U61V)(U62V)
90N・m~110N・m
ミニキャブ・ミーブ90N・m~110N・m
◆ホイールナット二面幅19mm/ハブボルトサイズM12×1.25
ミニキャブトラック

(DS16T)(2014/2~)

 

85N・m / 8.7kgf・mスズキOEM
(キャリィ)
ミニキャブバン
(DS64V)(2014/2~)
85N・m / 8.7kgf・mスズキOEM
(エブリィバン)
タウンボックス
(DS64W)(2014/2~)
85N・m / 8.7kgf・m

スズキOEM

(エブリィワゴン)

◆この記事の目次にもどる

 

【解説】軽自動車のホイールナット締め付けトルクについて

「軽自動車はぜんぶ10kgf・mで締めておけ」という時代もあった

かなり乱暴な言い方をすれば、軽自動車に関して言えばホイールナットは98N·mくらいで締めておけば問題ないのでは?と内心は思っていますw

実際、一般整備工場でも『軽自動車のホイールナットは10kgf・mで締めておけば問題ない』と後輩に指導していたところもありました。

10kgf・mということは、ニュートン表示に換算すると98N・mになりますが、あながち間違ってはいないと感じています。

例えば、三菱の軽自動車の場合、先述の一覧表にあるように、98N·mや100N·mでの増し締めをおすすめしています。

ですが、2N·mの締め付けトルクの勘違いがあったとしても、ホイールナットが緩んでしまうことはまず考えられません。

ハブボルトもナットも強度には多少の余裕が持たされている

とはいえ、スズキ車のように85N·mで指定されている軽自動車に108N·mのトルクで締め付けてしまうと、かなりの確率でハブボルトやナットを傷めてしまうことになります。

実を言うと僕自身もわりと最近まで、スズキ車のホイールナットを10kgf・mで締めてきました。

家内の車もスズキ車でしたが、新車から購入して10万キロ走行していますが、その間、ほぼ100%タイヤの脱着作業は僕がやってきました。

その都度、10kgf・m(98N・m)でホイールナットを締めて来ましたが、ハブボルトをかじらせてしまうこともありませんでした。

もちろん、それを推奨するという意味ではなく、あくまでも指定されているトルクでの締め付けが望ましいのですが、あまり神経質にならなくてもいいのかもしれません。

たとえば、ホンダの軽自動車の場合は、ホイールナットの規定トルクは108N・mということになっていますが、かつては『98N·m~118N·m』と、規定値に幅を持たせていた時代もあります。

つまり、今のホンダの軽自動車も98N·mでホイールナットを締め付けてもおそらく問題はないと考えられます。

軽自動車の馬力規制もあるしね。

軽自動車の場合、メーカーの自主規制で64馬力以上の車が作られることはありません。

そのことを考えると、普通車のように150馬力~280馬力(言い方が古いですねw)みたいな出力の大きな違いもなく、軽自動車なら100N・m前後の締め付けトルクでいいのではないでしょうか。

正確なトルクがわからない場合は近似値でもよくて、あまりにも締めすぎとか、緩すぎることがなければ問題はないと思います。

 

ジムニー(JA11、JA22)の古いモデルのトルクについて

スズキ車の中でもかなり特殊な位置づけになっているのがジムニーです。

最新モデルとなるJB64Wでは締め付けトルクが100N·mになっているのに対してJA11やJA22では5kgf・mから8kgf・mという、かなり弱めでなおかつトルク値に幅があります。

ただし、古いジムニーの場合は大径のアルミホイールに交換されていることもあり、ホイールナットの締め付けトルクに関しては高めで締め付けるほうがいいいでしょう。

この場合は8kgf・m、つまり約82N·mほどの締め付けトルクということになります。

JA11系ジムニー ホイールナット締め付けトルク

スズキのOEM車に要注意

軽自動車のなかでもホイールナットの締め付けトルクが低いのがスズキ車ですが、他のメーカーの軽自動車ラインナップの中にはスズキから供給されているOEM車があります。

とくに、日産の場合は自社で軽自動車を製作しておらず、三菱とスズキの軽自動車の両方が採用されていて、ホイールナットの締め付けトルクもそれぞれ違います。

とはいえ、軽自動車でもトルクレンチでの増し締めが望ましい

かなりアバウトな話をしてきましたが、それでもホイールナットに関してはトルクレンチを使った正確なトルク管理をすることをおすすめします。

社外品のキレイなアルミホイールの座面を傷めてしまったり、ボルトをなめそうになってヒヤリとすることも十分にありえます。

かなり経験を積まないかぎりは、インパクトレンチを使わず、手締めから始めて二回から三回に分けて対角で締め付けていき、最後はトルクレンチで増し締めをするようにしましょう。

スポンサーリンク ↓



 
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました