エンジンから異音がする車の買取り査定額が意外と高いワケとは

エンジンを触る車の異音

 

「エンジンからヘンな音がしてるから、

 

車の買取査定なんて安く買いたたかれてしまうでしょうね・・。」

 

こんなご相談を受けることがあります。

カーライフアドバイザーとしてというよりも、整備士として相談されるわけで、

両方のポジションにいる自分としてはなんともお答えしにくいこともあります。

今回は、エンジンから異音が出ている車は、買取査定の評価が大きく下がってしまうのか?

というテーマでお話していきます。

エンジンの異音は買取査定にどう響く?

エンジン 振動

エンジン内部からの異音は大幅なダウン

残念ながら、オイル交換を長期間しなかったことや、オーバーヒートが原因で、エンジン内部から大きな打音のような音が出ている場合は、買い取り査定の評価はかなり下がってしまいます。

エンジン内部からの異音が出ている場合、ほとんどはエンジン載せ替えをするしか選択肢がありませんので、高額な修理をすると利益が残せないような車種は「買い取り」よりも「廃車」を勧められてしまいます。

人気車種なら値段が付く?

ただし、走行距離が100,000㎞以下で、外装や内装がそこそこ綺麗な状態だと、エンジンを載せ替えすることで商品価値が上がるので、人気車種なら意外といい買い取り額になることもあります。

たとえば、アルファード、ヴェルファイアなどのスライドドアのミニバンなどや、ランドクルーザーのようなクロカン四駆は、エンジンを載せ替えしてでも販売して利益が残ります。

海外では日本車の需要が高い

さらに、これらの車種の場合、東南アジアなどの海外でも人気のある車種なので、異音が出ている状態で海外に送ってしまって、現地で安い人件費で修理するということもします。

日本車は海外でも信頼性が高く、発展途上国では日本車のミニバンや四駆に乗れることはステータスなのです。

修理可能な異音なら少しだけマイナス

エンジンからの異音と言っても、様々な原因がありますが、その中でもかなり異音の原因になるのがベルトです。

ベルトには、発電機のベルト、エアコンのベルト、パワーステアリングのベルトなどがありますが、消耗品なので、異音が出ているならベルトを交換すればいいので、買い取り査定には大きな影響はありません。

ベルトから異音が出ているということで、整備工場でベルトの交換をしてもらえば、だいたい10,000円から15,000円くらいの修理費が必要になります。

修理せずに買取査定するほうが得?

車を手放す

ところが、ベルトから異音が出た状態で買取査定をしても、ベルトの滑りなどが原因で異音がしていても、買い取り査定額は5,000円くらいのマイナスで終わってしまいます。

つまり、査定額が下がらないように、お金を出してベルトを交換しても、さほど査定額が変わらないことも多いのです。

サボカジ
サボカジ

15,000円かけて車を修理したのに、買い取り査定は5,000円ほどしか変わらなかった、ということはよくあることです。

とくに、この金額の落差が大きいのが、タイミングベルトの交換などで、ウォーターポンプから異音が出ていたので、タイミングベルトもついでに交換してバッチリ修理した。

ところが、60,000円近くの修理をしたのに、車の買取査定はトータルで60,000円。

「え? 修理費だけ回収できて車はタダ??」

これもよくある話なのです。

部品や作業工賃には整備工場の利益が含まれている

つまり、トータルで60,000円の整備をしても、実際は作業工賃が30,000円、部品代金が30,000円、そのうちの35,000円くらいは整備工場の利益という内訳です。

ですが、買い取り査定をしている業者さんは自社で整備工場を持っていることもありますし、中古車販売業者も同じくです。

よその整備工場の利益が乗っかった車を割高では買ってくれないわけで、できるだけ自社で安くできる作業は、買い取り額のプラス評価とはならないのです。

発電機からウィーンと異音がしている場合

オルタネーター からの異音

オルタネーターと呼ばれる発電機の内部にはベアリングが組み込まれていて、ある程度の走行距離になると、内部から異音が発生することがあります。

異音の音質としては、「ウィーン」というモーターのような音や、少し大きめのベアリングからの異音なら「ウォーン」と聞こえることもあります。

これらの異音は発電機の内部からなら、発電機をまるごと交換してしまえば解消されますが、新品の発電機なら10万円近く、リビルトの発電機を使っても7万円くらいはかかります。

なぜなら、発電機の交換には作業工賃が含まれますが、車種によっては、発電機を脱着するのに一苦労する場合もあります。

そのため、作業工賃だけで4万円近くかかることが結構あります。

このような異音がしている場合は、当然買取査定の評価額には影響が出てしまいます。

ただし、エンジン内部からの異音のような致命的な損傷ではなく、自社の整備士を使って中古の発電機などを組み込んでしまえば、十分商品価値も出ます。

ということは、自社で修理できる異音の場合、わりと強気な買取価格を提示してくることもあります。

つまり、車を売ろうかと悩んでいるユーザーさんにとっては「うれしい誤算」なわけです。

異音の大きさと車の損傷度合いは関係ない?

車のエンジンから大きな異音がしているからと言って、それが買取査定の大幅なマイナスポイントになるとは限りません。

ベルトが滑って「キュルキュル」とものすごい音がしていても、ベルトを交換するか、ベルトの張りを調整すればいいだけです。

その一方で、エンジンオイルの交換を長期間してないことで、「カタカタ」とか「カンカン」といった、エンジン内部から異音がしている場合などはその車の評価は大きく下がってしまいます。

つまり、異音の音の大きさは買い取り額に関係ないのに、ユーザーさんが自分で思い込んでしまうことがよくあり、

 

「ヘンな音がしてるから、この車ってあんまり価値がないんでしょ?」

などと、買い取り業者に自分で言ってしまう始末。

すると査定士は、

ですねー。

 

ちょっとこの大きな音はヤバいっすねぇ・・。

 

これは査定額としてはマイナスになっちゃいますよ~

などとたたみかけてきます。内心は舌なめずりしながら。

車検や修理をするまえに買取査定をしておこう

車の査定士

異音がするからといって、その車の買取査定額が大きく下がったりするとは限りませんし、

かといって、異音を修理して査定に出しても、査定額が大きく上がるとは限りません。

なぜなら、異音の修理は買取したあとで自社でするほうが安く上がります。

 

サボカジ  @整備士
サボカジ  @整備士

え?!

 

わざわざ下取り前にお金出して修理してきたの?

 

なんなら僕があとで修理したのになぁ・・・。

 

と内心思ったケースもありました。

しかも、異音の原因が完全に解消できているとは限りませんので、よその整備工場の修理を信用せざるを得ないというのも、買取側としては少し不安だったりします。

まとめると・・・

・エンジンから異音がする

・車検が近い

・もうすぐ4月で自動車税を払う季節になる

・タイヤがツルツルで交換しないと走れない

・じつはその車に愛着はない

こんな状態なら、

異音が出ている車にお金をかける前に、あなたの車の買取査定額をネットで調べてみるといいでしょう。

エンジンから異音が出ているからといって、大幅な査定額のマイナスになるとか限りません。

「残念な車の売り方」とは?

逆に、やってはならないのは

・最近修理にお金をかけてしまった

・車検をしてしまった

・自動車税もすでに払ってしまった

・タイヤも全部交換してしまった

こんな状態で買取査定に出さないほうがいいです。

確実に投入したお金を回収できない状態ですので。

最後に・・・

買取査定は、買い取り専門店に出すのが高価買取になる可能性が高く、ディーラーに下取りに出したりするのは、もったいない車の売り方と言えます。

ですが、一社だけの買い取り専門店の査定額を信じるのもリスクがあり、本当に損をしていない査定額なのかはわかりません。

そこで、スマホやパソコンだけであなたの車の買取り査定額を調べてもらえるサービスをうまく利用してみましょう。

整備士の僕がおススメするのがユーカーパックです。

webで査定申請をするだけで、最大5000社がオークション形式であなたの車の査定額を競ってくれます。

これなら、なにも知らずに安い値段で車を売ってしまうことはありません。

じつはテレビコマーシャルもやっているような大手の買取店もユーカーパックの査定競合に参加しています。

しかも、電話でのやり取りはユーカーパックの担当者だけで、参加しているほかの査定会社からの電話は一切ありません。

まずは買取査定額を調べてから異音の修理をするかどうか決めるのでもいいでしょう。

ユーカーパックで査定額を調べてみる>>

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました