車のドアミラーからカタカタ音が!自動格納のモーター音トラブル

駐車している車のイラスト車の異音

ある日突然車に乗り込んで走ろうとすると、

ドアミラーの中からウィーンウィーンとか、カタカタといった異音し始めました。

つい先程まで全く問題なかったはずのドアミラーが、なぜこのようなことになるんでしょうか。

原因は、自分では防ぐこともできないことであることもあります。

今回は電動格納式のドアミラーのモーター音に関する異常についてお答えしていきます。

スポンサーリンク

車のドアミラーの自動格納機能のデメリット

意外と耐久性に欠ける電動ドアミラー

ドアミラーは自分で左右をたたむとなるとかなり不便です。

そのため、道でエラーそのものを格納したりミラーの角度をリモコンで調整して自分で見やすいようにすることもできます。

実際は、運転席からすべての操作をすることができるようになってそれが当たり前になってきています。

実はドアミラーには意外な特徴があり、車検に合格するためにはドアミラーは簡単に倒れるようになっていないといけません。

その理由としては走行中にドアミラーが歩行者にぶつかったときに

簡単にドアミラーが倒れることによって歩行者を傷つけることにならないように配慮されています。

そのためドアミラーは必要以上に丈夫にすることができません。

電動格納タイプのドアミラーも、同じ理由でドアミラーの内部に組み込まれた樹脂製のギアもあまり丈夫には作られていません。

そのため1度でもドアミラーを手で動かしたりしてしまうと中のギアが欠けてしまい、それ以降はきちんと格納できなくなってしまったり、

場合によっては格納が中途半端な場所で止まってしまったりすることもあります。

この場合ギアが完全に格納仕切った状態でもなく、広がりきった状態でもないため電動格納のモーターが常に動いたままになってしまうことがあります。

特に自動的に格納してくれるようなタイプだと運転手の意図しないところでモーターが動き始め止まらなくなってしまうことがあります。

場合によってはキーを車から抜いた状態でもこの操作ができることからバッテリーが上がってしまうこともあるのです。

 

 

車のドアミラーからカタカタと音がし続けるケース

原因は通行人や子供の可能性も

上述したケースとは少し音の質が違いますが、同じように車のドアミラーから

カタカタカタといった音が連続して鳴り続けたり、カチンカチンと音が一定間隔で鳴り続けることもあります。

この場合もドアミラーが強制的に手動で動かされてしまった場合で、内部の樹脂製のギアが欠けてしまった状態だとこんな症状が出ます。

スポンサーリンク

実はドアミラーがこのような音を発するのは、珍しいことではありません。

自動車整備工場で勤めているとドアミラーのトラブルは結構多く、運転手は原因がわからず突然なったと相談にいらっしゃいます。

ですがドアミラーを横切ると外部から強い力が加わったことがわかるような傷が見受けることもあります。

さらに狭い駐車場などに止めて、ドアミラーを広げたままだと、すぐ脇を歩いている人の腕などがドアミラーにあたりバキッとドアミラーにぶつかることがあります。

特に小学生以上の子供だと不注意に車のドアミラーに当たることも多く、

しかも車を壊してしまったと言う感覚があまりないので車の持ち主に連絡をとって謝ると言うことをしません。

 

 

車のドアミラーからモーター音がする場合の修理費

部品の部分的な交換はできない

電動格納タイプのミラーだけではありませんが、基本的にはドアミラーは壊れてしまうと付け根の部分から丸ごと交換するしか方法はありません。

特に電動格納ドアミラーでなおかつ、カラードドアミラーの場合は最も値段が高くつきます。

カラードドアミラーとは車のボディーカラーと同じ色に塗装されたドアミラーのことをいいます。

この場合部品を電動格納タイプのミラーだけではありませんが、基本的にはドアミラーは壊れてしまうと付け根の部分から丸ごと交換するしか方法はありません。

特に電動格納ドアミラーでなおかつ、カラードドアミラーの場合は最も値段が高くつきます。

カラードドアミラーとは車のボディーカラーと同じ色に塗装されたドアミラーのことがいます。

この場合、部品を取り寄せするにはボディーカラーを合わせる必要があるため、カラーナンバーと言うその車固有のカラーコードを調べておく必要があります。

このカラーナンバーは、車検証には載っていなくて、車体のエンジンルームやドアの閉じるところに貼り付けてあるコーションプレートと言うプレートで時間確認することができません。

大体この電動格納型ドアミラーの場合は、軽自動車クラスでは25,000円、小型車や普通車クラスだと30,000円位します。

さらに最近装着率が上がっている全方位型カメラ、つまりバックに入れたときに

車を真上から見たように俯瞰的に撮影してくれるシステムを搭載しているナビゲーションの場合は、

ドアミラーにカメラがついているためさらに高額な部品代となるでしょう。

おそらく+ 10,000円以上はかかると考えておいてください。

 

 

スポンサーリンク

車の異音
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました