CVTは乗りにくい?ブレーキで止まる寸前になぜか加速する?!

ブレーキングCVT

お客様から、

「この車、止まるときにスーッて進もうとするんです!」

というご相談や、当店で販売した車へのプチクレームのような苦情をいただくことがあります。

で、その場合、決まってCVT車だったりするのですが、

もしも本当にブレーキを踏んでいるのに車が進もうとするのなら、それは危険な状態のはずです。

今回は、CVT車でよくお問い合わせをいただく内容のなかでも

CVTは乗りにくいとか、ブレーキの最後がヘン、といったお話について解説していきます。

スポンサーリンク

CVTが乗りにくい原因とは?

CVTの特性は、ギアの変速がないことで、つながりがスムーズということです。

しかし、つながりが滑らかといわれる反面、いつも滑っているような感覚になってしまうこともあります。

これは無段階変速機であるCVTの変速の制御をコンピューターで行っていることも原因の一つです。

運転手がアクセルやブレーキを操作することで、その情報がECU(メインコンピューター)に入力され、運転状況に応じて適切と思われる制御が行われます。

ラバーバンドフィーリングとは

「ラバーバンドフィーリング」とはそのまま直訳すれば「ゴムのような感覚」ということになります。

CVTを搭載する車に乗った感じをネガティブな表現で揶揄しているわけですが、

たしかにアクセルワークと加速する瞬間のタイムラグはこんな感じです。

さらに、このフィーリングになってしまうには別の原因があります。

電子スロットルの欠点がCVTにも・・

燃費をよくするための技術の中に、電子スロットルがあります。

「ドライブ・バイ・ワイヤ」とも言われますが、ようするに、アクセルとスロットルが直接つながっていないのです。

それまでの車は、運転席の足元にあるアクセルペダルとエンジンの回転を制御するスロットルは、アクセルワイヤーで直接つながっています。

このタイプのほうがアクセルを踏み込んだ時のエンジンのレスポンスも非常にいいのですが、低燃費を細かいレベルで稼いでいくには、

人の足ではなくコンピューターがスロットルを動かすほうが、細やかなマネジメントができるのです。

ところが、このワイヤレスのスロットルは、運転手がアクセルペダルを踏み込んでも、ワンテンポ遅れてスロットルが動くことがあったりと、明らかにダイレクトな感覚が失われています。

運転手の意図とは別にコンピューターがスロットルを動かしていることがあるので余計にそう感じてしまうのです。

CVT車とマニュアル車とのレスポンスの違いがすごい

電子スロットルを採用したCVTの車と、アクセルワイヤーでスロットルを動かしているマニュアルトランスミッションの車、

この2車は対照的なレスポンスの差を感じさせてくれます。

なにせマニュアル車はタイヤからエンジンまでを直結にできるので、エンジンの回転を上手に合わせてやらないとぎくしゃくどころかエンストしてしまいます。

スポンサーリンク

その分、エンジンブレーキを効かせたときの感じや、アクセルを踏み込んでいったレスポンスの良さは、運転する楽しさを味わうことができます。

CVT車が乗りにくい、気持ち悪いという感想を持つドライバーの多くは、マニュアル車に乗っていた期間が長い方が多いのでしょう。

かくいう僕自身も車の運転が大好きなので、いろんなマニュアル車に乗っていました。

それだけに初期のCVT車に初めて乗ったときは「なんじゃこりゃ」と思ったことを覚えています。

レスポンスが悪い電子スロットル、ダイレクトにつながった感じに欠けるCVT、この2つの機構だけで、かなりフィーリングが落ちていることは確かです。

CVT車は止まる寸前に加速する?!

これは僕自身もお客様から相談を受けることがある症状です。

とくにAT車からCVT車に乗り換えてすぐのお客様からよく言われます。

それぞれの言葉で説明してくれるのですが、総合的にまとめると、ブレーキを踏んでいきながら、最後に止まる寸前にスッと前に進む感じがするという内容です。

走行距離が多くなった車ではなく、新車から納車したすぐでもこれに似たような症状をお客様からお聞きすることもあります。

ディーラーの整備士に相談しても「それはCVT特有のものなので異常ではありません」みたいな返事が返ってくるだけです。

原因は燃料カットからの復帰?

電子制御の車はそうなのですが、走行中にアクセルペダルを完全に戻し切ると、オートマチック車でもエンジンブレーキが働きますよね。

 

この時、エンジンの内部では点火プラグは火花を飛ばしていますが、ガソリンは噴射されていません。

これは余分な燃料を消費しないための制御なのですが、エンジンの回転数が2000rpmであるときは、燃料カットがされていてもエンジンはぎくしゃくしません。

ところが、車が減速していき、エンジンブレーキがきく回転数がアイドリングの回転数を下回りそうになれば燃料が噴射され、少なくともアイドリングと同じくらいのエンジンの回転を維持しようと制御が働きます。

この、『エンジンがタイヤに回されている状態』から

『エンジンが単体で回転している状態』になる瞬間に、少しだけぎこちない感じがします。

場合によっては、一瞬だけエンジンブレーキがきかず、エンジンが車を進める状態になるので、スーッと進んでいく感覚を覚えるかもしれません。

AT車でもこの状態はありますが、CVT車の場合はエンジンブレーキのきかせかたにもコンピューターが介入してプーリーとスチールベルトの位置を変えていきます。

その際に生じるタイムラグやエンジンの回転への制御によっては、「ぴょこん」と車が前に出るような違和感を感じるのだと思います。

ようするに、瞬間的にエンジンブレーキが弱まり、瞬間的にエンジン回転が上がる、これが、CVT車に起きる、『止まる瞬間に加速する症状』の正体なのでしょうね。

▼ 関連記事▼
CVTは運転しにくいし気持ち悪い!乗っててつまらないのはなぜ?

 

スポンサーリンク

CVT
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました