CVTは運転しにくいし気持ち悪い!乗っててつまらないのはなぜ?

オートマチックの室内画像CVT

初めてCVT車に乗り込んだ時、あなたはそのフィーリングをどう感じたでしょうか。

中には「これ壊れてるんじゃないの?」と感じた方もおられたようです。

では、どうしてこんなにCVTの車は違和感を感じるのでしょうか。

今回はCVT車のフィーリングや乗ったときの気持ち悪さの理由についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

▼CVTに関するまとめ記事はこちら▼
【CVTまとめ】フルード交換・異音・運転方法などを解説

CVT車が運転しにくいと感じる理由

AT車の変速ショックが運転手に与える情報

従来のAT車だと自動的にシフトアップするときにコツンといった変速ショックが運転手に伝わってきます。この変速ショックは、運転手に今はどのギアに入っているのかを伝える情報になっています。

自分の慣れ親しんだ車なら、変速ショックのタイミングがだんだんとわかってきて、そのタイミングのおかげで運転手はエンジン特性をうまくいかそうとアクセルワークを工夫します。

この感覚がつかめてくると、シフトアップをさせたいときは、わざとアクセルを抜いてシフトアップさせるということもできるようになります。

AT車は、加速をしたいときにアクセルを踏み込むことでキックダウンさせることができます。

つまりAT車の変速ショックは運転手がその車のエンジン特性を掴み、自分の意のままに車を操るための感覚をつかむための情報だといえます。

変速ショックがないことの違和感

AT車に対してCVT車の場合は、変速ショックが全くないので、AT車のようにエンジンの特性を変速ショックを通して感覚的につかむことが難しくなります。

オートマチック車は、変速などの制御を全てコンピューターでやっています。シフトアップやシフトダウンのタイミングすらコンピューターが決定していきます。

またコンピューターは、様々なセンサーなどの情報をもとに、運転手のアクセルペダルワークなども学習していきます。

コンピューターの学習機能もCVTとATで違う

運転手の意のままにシフトアップやシフトダウンをすることをコンピューターが学習していくのですが、AT車とCVT車ではギアの数が違います。

そもそもCVTにはギアというものがありません。無段階にギア比を変えることが最大の特徴とも言えます。

それに対してAT車では4速トランスミッションなら、4つのギアで全ての走行条件をカバーすることになります。

そのため、CVT車に対してAT車の方がギア比のが合わないようなケースもあり、制御が荒削りというか、マニュアル車のように、そのエンジンの苦手な回転域でややもっさりとした瞬間を我慢することがあります。

ところが、運転手にとっては、このわかりやすいギアの切り替わり方が車の特性や加速のタイミングをつかみやすいといえますし、不得意なトルクバンドを使わないようなアクセルワークでシフトチェンジを狙ったりと、不便だからこそのコツというか車との対話をすることにもなります。

 

 

CVTを運転して気持ち悪いと感じる原因

コンピューター制御と電子スロットルの弊害

CVT車だけではありませんが、オートマチック車は次々と「電子スロットル化」されていっています。

スポンサーリンク

電子スロットルとはそれまでのワイヤーでアクセルを操作していた古いタイプとは違い、モーターで運転手のアクセルワークをワイヤレスで操作しています。

そのため、運転手がアクセルペダルを踏んでも実際にはスロットル操作は行われず、

これこそがCVT車に感じる掴み所のない気持ち悪さの正体だといえます。

運転手の経験の差も関係する?

例えば初めて原付バイクに乗ったときあなたは何か違和感を感じたでしょうか?

最初から変速ショックがないことに慣れるとそれが普通だと思うのです。

同じように若いドライバーが初めてCVT車に乗り込んだときまた所有した時その車から経験が始まることでCVT車の変速の特性に慣れています。

むしろAT車にその後乗ったことでゴツゴツと気持ちが悪いと感じるかもしれません。

車の運転の始まりがCVT車であれば何も気持ち悪いとは感じないのです。

これは僕自身がお客様にCVTの車を販売したときに若いお客様から聞いた話です。

その方は女性なのですが、新車から納車した後の安全点検の際に

「何かお困りな事はありませんか?」

と聞いてみたのですが、

「すごく乗りやすくて普通ですよ」

と言う答えが返ってきました。

そのお客様にとってはCVTが基準なのでそもそも気持ち悪さなどはないのです。

 

CVT車がつまらないと感じるのはなぜ?

エンジンを操る楽しさが奪われた?

CVT車と対照的な操作フィーリングと言えば、マニュアルトランスミッション車(以下MT車)ではないでしょうか。

MT車は、運転手がエンジンの特性を把握し適切なタイミングで自分でシフトチェンジをしなければ滑らかに車を走らせることができません。

そのため運転手はエンジンの特性やクラッチミートのつながるタイミング、ギアのシフトタイミングなどをつねに考えながら運転しなければなりません。

この感覚はマニュアル車を長く持った方でなければわかってもらいにくいかもしれません。

いわば、能動的に車の操作に関わることができるのがMT車だと言えます。

特にターボ車をマニュアルトランスミッションで乗ると、エンジンのトルク特性を存分に楽しむことができます。

狭いトルクバンドにうまくシフトを合わせ、そのエンジンの最も得意な回転域を維持させつつ車の性能を引き出す。

これこそが車を運転する楽しさだといえます。(※余談ですが僕自身はバイクも乗ります)

つまりCVT車はつまらないと感じる運転手さんは、

もともと運転が好きでマニアル車を長く乗っていた人が特に感じるのだと思います。

MT車やAT車とはあまりにも感覚が捉えずらいからこその「CVTは気持ち悪い」なのでしょう。

 
▼ 関連記事▼
CVTは坂道発進ですごく乗りにくい!サイドブレーキの順番で解消
 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました