外車・輸入車の買取査定が安い理由|売るならどこがおすすめ?

輸入車 買取査定車の買取り査定について

「高く買ったはずの外車を売りにいったらびっくりするくらい安かった!」

「正規ディーラーで新車で買ったのに、なんで輸入車はこんなに買い叩かれるの?!」

外車を下取りに出したことがあるユーザーさんなら経験することが多いのが買取価格の安さです。

では、外車はどこに買い取り査定を依頼しても安い査定額しか提示されないのでしょうか。

今回は外車を売るなら絶対にやってはいけないことと、

少しでも高く売るにはどこに売ればいいのかを、

外車の整備や車検もすることがある整備士としての立場でお話していきます。

【結論】外車に強気な査定額を出してくれる業者の見つけ方 ↓

スポンサーリンク

外車の買取り査定が安い理由

クラシックカー 安値で買い叩かれる

外車・輸入車の評価は日本車より低い

日本において外車(輸入車)の買取査定がなぜ低いのかということを考えるとき、ライバルが日本車であるということも大きな要因のひとつです。

日本国内では主に日本車が普及していて、ユーザーは日本車も外車も自由に選べるだけでなく、中古車としての在庫も日本車が多く、なおかつ日本車の場合はディーラーも非常に多いです。

そのため日本車なら全国に張り巡らされたディーラーでサポートを受けることができ、日本車ならではのメーカー保証もしっかりしています。

日本車を過小評価しているのは日本人?

日本で生活していると日本車の価値の高さがあまりピンときませんが、海外では日本車に対する評価はかなり高いです。

むしろ外国人のほうが日本車を好んで乗っているふしがあり、アメリカでは25年ルールをクリアした古い日本車がアメリカ国内にクラシックカーとして輸入されています。

外車の買取査定が低くなりがちなお話と関係なさそうですが、意外と繋がっている側面もあり、外車を高く買ってくれるお店を探すためのヒントになります。

25年ルールとは?

右ハンドルの車は25年経過することでクラシックカーとしてアメリカに輸入できる特別ルールがあります。

そのうえ税制でも優遇されるため維持費も抑えることができるので、故障しにくく修理もしやすい日本車は人気です。

それに対して、たとえば世界的なシェアを抑えているはずのドイツ車は、海外では日本車ほどの耐久性がないという評価で、同じクラスの量産車なら国内での買取査定額は日本車に遠く及びません。

日本では値段が付かないような査定額の日本車が、海外では意外なほどの高値で取引されることも珍しくありません。

日本人は日本車をいつでも安定した価格で買えることに慣れすぎるあまり、世界的な日本車の評価に気づいていないのかもしれません。

日本国内では外車の買い手を探しにくい

それに対して、外車も日本車も買い取りして中古車として販売している買取査定業者はそのことを熟知していて、部品供給の安定はもちろん、耐久性や故障しにくいことでも日本車を「優良物件」と考えています。

アメリカでは「故障が嫌ならトヨタを買え」という意見もあるほど、日本車の耐久性に高い評価をしています。

つまり日本国内において、買取業者にとっての外車の位置づけは「国産車より壊れやすい」「売れる客は限られる」と考えて評価をし、査定しています。

外車は耐久性だけで評価されると厳しい

国内外で評価にズレがある日本車に対して、外車に対する評価は世界共通といえます。

「ドイツ車は壊れると修理費が高い」

「アメリカ車はオイル漏れが当たり前」

「フランス車のオートマチックはヤバい」

「イタリア車は旧車よりも手間がかかる」

などなど、それぞれのお国柄というか文化を反映してか、日本車のような優等生なモノ作りをそもそも目指していないように感じます。

とくにヨーロッパでは今でもマニュアルトランスミッションを実用的に乗る傾向にあり、オートマチック車の故障は日本車の比ではありません。

これは外車全般に言えることですが、日本車よりもオートマチックの作り込みや耐久性に問題があるモデルが多く、渋滞する日本の道路事情にマッチしてない部分もあります。

中古車屋はクレームになりにくい車を買い取りしたい

車を所有する理由の多くは「生活の足」であり、「便利な道具」としてコスパのいい車に人気が集まっています。

さらに中古車を買うユーザーは、安さと耐久性、維持費の低さも考えたうえでの車選びをしている方も多く、買ったすぐの中古車が壊れることは許されません。

そういった意味では車を買い取る業者としては、中古車として販売したすぐに壊れたり調子が悪いというクレームが出にくい車を買い取りたいと考えています。

年式(古さ)・走行距離(痛み具合)に加えて、車種も買取査定では大きなウエートを占めていますが、壊れにくい車種なら多少古くても距離が多くても評価は高くなります。

さらに言えば、「壊れても直しやすい車」「修理費が安くできる車」も査定をする上では大事な要素です。

もしも中古車として販売したすぐに壊れてクレームになっても保証修理をする際に、大きな痛手にならなければ、それだけ売りやすい車といえます。

そう考えると、外車の場合は故障の確率だけでなく、部品代が高いうえに納期も遅いのでクレーム処理が大変になることもよくあります。

■サボカジ
外車の修理は代車を長期間も出すことになりがちで、これがクレームの修理となればダブルパンチを食らうことになります。

下手をすると中古車として販売した利益が吹き飛んでしまうような大クレームに発展してしまうこともあり、高級外車の販売は非常にリスクが高いです。

↓ ここ重要にボールドつける
そうなると、利益を安全マージンと考えることも大事で、結果的には「外車は安く買って高く売る」というやり方を取らざるを得ないのです。

【結論】外車に強気な査定額を出してくれる業者の見つけ方 ↓

外車の査定に慣れていない業者も多い

買取業者は外車の買い取りには慎重

買取査定にはそれなりの車に対する知識が必要で、塗装面のわずかな塗ムラやボカシを入れた部分を見つけて板金塗装や事故歴を見つけます。

非常に難しい査定をすることができる査定士のなかには元整備士もいますが、どちらかといえば少数派です。

ましてや外車の買取査定となると、その車種のグレードなどに対する知識が必要で日本車のように車検証の情報で正確に仕様などを調べることもできないことが多いです。

そのため、正規ディーラーで販売されるようなモデルはまだ査定しやすいですが、レアな車種だと査定のベースとなる情報も少なく判断が難しいです。

結果的にかなり弱腰な査定額をつけてしまうこともあり、ホンネでは「外車専門の買取店に行きゃいいのに・・。」と思っていたりします。

日本車のディーラーで外車を下取り→最悪かも

とくに日本車のディーラーに外車を持ち込んで下取り車として査定を依頼するユーザーさんもいますが、これは最悪の査定額になるケースが多いです。

僕が新車販売のときにお世話になっているトヨタ系のディーラーの営業さんが言っていましたが「ウチで下取りに出すと損しますよ」などと外車に強い買取店をすすめることもあるのだそうです。

外車の査定が苦手、というかほとんど知識がないところに外車を売るのは本当にもったいないので、『下取り』ではなく専門店に『買い取り』として売却することを強くおすすめします。

 

整備士サボカジ
整備士サボカジ

日本車のディーラーでは

「1万円でしか下取りできない」

と言われた古い外車が、買取専門店で15万円ついた

なんてことはよくある話です。

外車の良さは別にある

もともと外車のよさは日本車のそれとは違っていて、個性的なデザインやインテリアだったり、運転が楽しくなる独自の乗り味こそが持ち味であり、そこを評価するべきです。

外車の買取査定をする買取店によっては、再販した際のトラブルやクレームを警戒して外車に対して低い査定額を出すことが多いです。

もちろんそれは間違っていないのですが、外車の良さも悪さも理解したうえで「この車だからこそ買いたい」という購入者を見つけることができれば高く買取ることもできるはずです。

外車に強い買取業者もいる

じつは外車に詳しい買取業者もいて、彼らはしっかりと利益も出しています。

無知なユーザーに対してはエグい査定をすることもありますが、複数の業者との競合となれば自信のある物件ならかなりの高額査定を出してきます。

では、外車に詳しくて高額な査定額を提示してくれる業者とはどんな業者なのか、外車を売るならおすすめの業者の特徴をお話していきます。

 

外車を売るならどこがオススメ?

売買契約成立

外車を高く評価しているのは日本国内?

日本国内に普及している自動車のほとんどは国産車ですが、車が好きな人たちにとってはそれが「つまらない」「他人とカブりたくない」と感じてしまう部分でもあります。

↓ボールド
日本車は海外に輸出されることで高値で取引されますが、外車に関しては日本国内で流通するほうが高く売れることが多いです。

つまり日本での外車に対する需要は、日本車のことを「個性的ではない」「壊れないから面白味に欠ける」という個性や面白みを重視して車を選ぶ人たちからのものです。

外車を高く買取る業者は?

外車のグレードや仕様に詳しい業者
・細かい査定ができる
外車に興味があるユーザーを集客できる業者
・高く買ってくれるユーザーに販売できる
外車の修理やメンテナンスに強い業者
・買い取った外車を修理・補修して販売することができる
・万一のクレームや保証修理などにも対応できる

上記のような強みを持った業者なら他の買取店よりも高い査定額を提示してくれるでしょう。

サボカジ
サボカジ

大事なのはここから。

こんな業者をどうやって見つけて

どんな方法でアプローチするかという点です。

外車を高く売る方法|おすすめ3選

輸入車 買取査定

【その1】外車の買取専門店に査定を依頼する

車 買取専門店

地元に外車の販売を専門でやっているお店があればかなりラッキーといえます。

「餅は餅屋」というわけで、「外車に詳しいのは外車専門店」ということになり、細かいグレードや市場での人気のあるなしにも精通しています。

ただし悪質な業者もいるので注意!

全国には外車の買取や販売を専門的にやっている中古車版売店もありますが、かなり怪しい買取店もあり、強引な買取りや執拗な営業電話をしてくる場合もあり注意が必要です。

とくに相場を知らないユーザーさんがいきなり一軒目の買取店で売ってしまうのは、かなり買い叩かれている可能性もあります。

外車に詳しいとはいってもユーザーに良心的とは限りませんし、どちらかと言えば「どうにかして安く買い取りたい」と買取店はどこも考えています。

仲のいい友達や親戚などの紹介からの査定依頼なら多少の色は付けてくれるかもしれませんが、車を売るときは複数の業者にアプローチして競合してもらうことはとても大事です。

では、複数の業者、なおかつ外車に詳しい業者を探すにはどうすればいいのでしょうか。

やはりネットを利用して見つけることが効率がよく、「口コミ」なども参考にすることができます。

外車に特化した買い取り業者に依頼する

株式会社ゴーランドカンパニーの運営する「輸入車ドットコム」は創業30年、外車・輸入車の買取実績や全国出張査定のネットワークがあります。

また、自社で外車を販売する店舗を運営していることも高価買取ができる理由でもあります。

輸入車ドットコム LP

フェラーリ、ポルシェ、ベンツ、ランボルギーニ、アウディ、シボレーなどの高級車や希少モデルに加え、コンプリートカーなどにも詳しいのが強みです。

もちろん外車ならどの車種でも査定依頼をすることができるので、珍しい車種やグレードなら査定をしてもらうと予想外の買取額になるかもしれません。

また自社で顧客満足度に関するアンケートをしており、多くの利用者から高い評価を獲得している点もおすすめできるポイントです。

ゴーランドカンパニー アンケートハガキ

スポンサーリンク

「輸入車ドットコム」の公式ページはこちら>>

【その2】一括査定サイトを利用する

整備士が買取査定

一括査定サイトとは、複数の業者にスマホやパソコンから査定の依頼をすることができる仕組みで、多くの買取業者が参加しています。

あらかじめ車種や走行距離などを入力しておくことで査定結果が早く、ディーラーに下取りに出した場合の下取り額よりもはるかに高い買取りをしてくれます。

自宅まで査定に来てくれる業者も多いので、仕事で忙しい人や引っ越しをする直前でやることが山積みの人にはありがたいサービスといえます。

ネットで申し込みができるので24時間いつでも依頼をすることができるので、仕事の合間でも査定依頼をしておくこともできます。

サボカジ
サボカジ

ディーラーに下取りに出す前に一括査定を利用して買取額を確認しておくことはかなりオススメで、高い確率でディーラーよりも高く外車を売ることができます。

一括査定サイトのデメリット

ただし、一括査定サイトにもデメリットがあり、携帯電話番号などの個人情報が複数の買取業者に渡ってしまうことです。

ユーザーが査定を依頼するために一括査定サイトに個人情報を入力すると、サイトに登録している買取業者にその情報がすぐさま送信されます。

一括査定サイトの仕組みは、ユーザーへのアプローチは「早いもの勝ち」となっています。

より早い段階で電話でコンタクトをとり、出張査定の予定を取ることでその車を買い取ることができる可能性が高くなります。

車一括査定サイトのデメリット

買取店からの電話が鳴り止まない

一括査定サイトに申込みをするなり、登録した電話番号に複数の業者から買取り査定の日程や勧誘の電話が入りはじめます。

1軒目の電話はともかく、2軒目、3件目と同じ内容を聞かれたり営業トークをされてしまうとかなり疲れますし、イライラしてしまうこともあります。

そこで一括査定サイトの中でもオススメなのがカーセンサーです。

カーセンサーなら外車にも強く業者を限定できる

カーセンサー LP

カーセンサーは外車の査定にも強い業者が登録していて、テレビCMなどでもおなじみの大手の買取業者もいます。

カーセンサーのおすすめなところは、買取査定を依頼したい業者を限定することができる点で、評判のいい店舗だけを数社選んでおけば、営業電話に悩まされることもありません。

レビュー評価の高い買取り店を一部紹介

カーセンサーで依頼することができる買取業者の中でも外車への査定で高評価な業者を4社紹介しておきます。

なお、この評価は「オリコン株式会社」の外車買取査定の顧客満足度に関する調査をもとにしています。

それに加えて、僕自身が整備士としてお客様や同業者から聞いた噂なども載せておきます。

カーセンサーで申し込めるレビュー評価の高い買取業者

アップル

アップル ロゴマーク

オリコンランキングでも長期間1位をキープできており、ユーザーからの評価が高く安定しているのは買取実績への過度なノルマがないのかもしれません。

アップルがおすすめところは、買取業者のなかでも「ガツガツ」していないというか、強引な買取り勧誘などはあまり聞かないという点です。

テレビCMでもおなじみのアップルですが、外車の査定額の高さもさることながら、スタッフの接客態度や買取業務全般の知識も豊富です。

その点ではカーセンサー経由で買取査定を依頼するならアップルは入れておきたい口コミ評価の高い業者です。

ネクステージ

ネクステージ ロゴ
海外への輸出に強く、輸入車の市場にも詳しいのがネクステージです。

日本国内、海外の両方への販路を持っていることでレアな車種でも積極的に買取をしてくれる可能性があります。

大きな声では言えない話なのですが、海外で高い評価の日本車の新車すらも高値で買い取るケースもあり、強気な買取ができる販路をもっています。

ビッグモーター

ビッグモーター ロゴ
僕の住む地域にもビッグモーターが数店舗あり、実際に利用したことのあるお客様からの噂話もいろいろと入ってきます。

「買取りへの意欲が強く、かなり強引に感じた」

「複数の営業マンに何度もアプローチされたことがある」

「その場で車を売ることを決めないと査定額が変わると言われた」

などなど、ネガティブな話も聞こえてきましたが、そのいっぽうでは、

「最終的には、どこよりも高い買取額を提示してくれた」

「とにかく早く車を売ってしまいたいならスピード感があっていい」

などの評価もあります。

ガリバー

ガリバー ロゴ
外車専門の中古車買取・販売店、LIBERALA(リベラーラ)を全国展開するガリバーは、外車を売るならリストに入れておきたい買取業者です。

自社で外車専門の中古車販売店を直営しているということが大きな強みで、すぐに買い手が見つかるような車種なら高い査定額を提示してくれるでしょう。

ガリバーグループは日本で買い取った日本車を海外に輸出する事業もやっており、外車とはいえ海外からの評価が高いと判断すれば高額査定するパターンもありえるでしょう。

評判のいい買取業者だけに査定依頼がベターかも

簡単に紹介してきた外車の買取にも高評価の「アップル」「ネクステージ」「ビッグモーター」「ガリバー」の4社ですが、もちろん他にも高い買取査定をしてくれる業者はたくさんあります。

とはいえ、多数の業者とコンタクトをとることはそれなりに負担になり、よほど高額な超高級車やレアな車種を除けば、多少の妥協も必要かもしれません。

「1万円でも高く売りたい!」というのはユーザーの心理ですが、その1万円のために時間と手間を割くのはかえって割高になります。

まずはカーセンサーで期待できそうな業者だけを選んで査定をしてみるのもおすすめです。

カーセンサーで無料査定を試してみる>>

【その3】外車をカーオークションに出品する

ネットオークション

車をより高く売るためにはたくさんの買取業者にアプローチすることが大事です。

ネットオークションなら全国の買取業者に買取額を競合して買取価格を決めてもらうことができ、期待以上の高値がつくことも珍しくありません。

楽天グループが運営する楽天カーオークションと、オークション代行サービスとしては最大8000社が参加する最大手のユーカーパックが2強です。

オークション代行サービスは、インターネットの利便性を活用した新しい車の売り方として、徐々に定着しつつあります。

営業電話は一切なし。やりとりは1社だけ

オークション代行サービスのいいところは、一括査定サイトや買取専門店のようなしつこい営業電話や強引な商談がなく、買取額の交渉も必要ありません。

・忙しくて時間が取れない
・買取業者との価格交渉は苦手
・知らずに安く売ってしまうのは避けたい
サボカジ
サボカジ

↑こんな方にはネットオークションがおすすめです。

【関連記事】カーオークション代行サービスとは

おすすめはユーカーパック

ユーカーパック 公式サイト

ネットオークションにもいろんなサービスがありますが、おすすめはユーカーパックで、なによりも参加する業者が多く、全国8,000社の業者が参加しています。

ユーカーパックで売却する流れ
スマホで申し込み

査定士が出張

画像撮影&査定

オークション出品

専用アプリで入札結果を確認

買取成立

後日に車を引き取りにきてくれる

買取額が指定した銀行口座に振り込まれる

上記のような流れですが、ユーカーパックの運営スタッフとのやり取りだけでスムーズに進んでいきます。

SNSでの評判もよく、引っ越しなどで忙しい季節では非常に助かっているとのこと。

ただし、ネットオークションの注意点として、予め設定した「売り切り価格」以上の入札があった場合は売却が決定してしまうという点です。

つまり、売る気がない場合はネットオークションに出品することができないので、申し込みをするのは「高値が付くなら売る」と決心できてからにしましょう。

ちなみに、参加業者からの入札金額が売り切り価格に達しなかった場合はキャンセルできるので安く売る必要はありません。

ユーカーパックで簡単無料査定を申し込む>>

最後に・・

外車の模型

今回は外車の買取額が安くなってしまう理由についてのお話でした。

外車を売るコツは骨董品を売ることと似ている?

たとえば、骨董品や古美術品のような、専門家が鑑定しないと価値が判断できないようなものを、普通の質屋さんに出したりすることはありません。

外車も同じ理由で、本当の価値を理解して『このモデルが欲しい』と探しているユーザーに届けることができる業者が高い査定額を提示してくれます。

国産車ディーラーに外車を売るのはもったいない!

とくに気をつけなければならないのは、国産車のディーラーに外車を下取りに出すのは絶対にやめておきましょう。

ディーラーの営業マンは車の下取りをすることにあまり慣れていないので、外車の下取りとなると「仕方なく買い取る」みたいな部分があります。

そのため、損をすることが怖いので非常に安い下取り額しか提示しないので下手をすると「0円なら引き取りますよ」みたいなノリです。

外車ほど買取額が大きく食い違う車はありませんので、めんどくさがらずに複数の業者に査定してもらうようにしましょう。

【まとめ】外車のオススメな売り方3選

・レアなモデルなら外車買取りに特化した業者に査定依頼をする

一括査定サイトでレビュー評判が高い業者だけを選んで査定申し込みをする

ネットオークション代行サービスを利用して全国の買取業者に入札してもらう

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました