業界の闇?「残念な車の売り方」を知らない人が多すぎる

車の査定士車の買い替え

あなたは車を買い替えするとき、今まで乗っていた車の下取りをどうしますか?

いつもお世話になっている車屋さんで買い替えをする場合だと、そこで下取りもしてもらうことも多いでしょう。

また、新車をディーラーで購入する場合でも営業さんに

「今までお乗りのお車も当店でお引き受けしましょうか?」

と言われれば、そのまま処分を依頼することもよくあることです。

とくに年式も古く走行距離も多い車だと

「どうせ値段なんてつかないし・・・」

と決めつけしまい、面倒だからとそのまま処分も依頼する。

今回は、車の下取りに関する、

かなり残念な車の売り方のお話としての業界の「あるある」なお話です。

僕自身も車の販売担当をすることがあるので、記事にしながら

「お客様には申し訳ないな・・・」

と思う部分もあります。

 

↓スポンサーリンク

安心車.jp

 

車を売るのは「買取り」と「下取り」のどちらが得?

よくある下取りの常識とは

まず車の下取り査定の金額って、どんな流れで決めているかご存知でしょうか?

基本的には「査定士」と呼ばれる、資格や知識を持った担当者が店舗に1人はいるはずです。

車の買取り査定をする時の大まかな基準は

「車種」「年式」「走行距離」そして「車の傷み」です。

車の傷みと言ってもいろんな要素があり、キズやヘコミがボディにどれだけあるかということを指します。

それから、ガラスに飛び石がないかとか、塗装が傷んだり剥がれたりしてないかももちろん見ます。

次に室内の内装が汚れていないか、タバコのニオイや子供がジュースをこぼしたりで異臭がしないかなど、次にその車に乗る人が「嫌だな」と感じるであろう要素を探します。

この「嫌だな」と思われるポイントが多いほど、その車の価値は下がることになり、買取りの査定評価もどんどん下がっていきます。

つまり、その車の現状をメインに査定をしていくやり方なわけです。

目の前で査定士がまぁまぁの時間をかけて愛車を査定してくれているのだから、「いろいろ回るのもめんどくさいしな」とほぼ確実にその場で下取りに出すことを決めるパターンが多いのです。

それがじつは「残念な車の売り方」とも知らずに・・・。

内心は舌舐めずり?販売担当者の一言

一般ユーザーさんが車を売るとき、内装や外装を綺麗にしていればそれだけ下取りの金額も期待をしてしまいます。

ところが買取り業界では車の買い取り額を決定する要素は別にあり、「人気車」と「不人気車」とでは同じくらいの年式で、内外装も同じくらい綺麗にしているのに、買い取り額が全く違ってくるのです。

車を下取りするときに、買い取りを担当するスタッフが商売上手な場合は、車種を聞いただけで、どれくらいの転売マージンがあって、いくらくらい儲けることができるのかがわかっています。

もしも、内外装が汚れていたり走行距離がかなり多い車でも人気車種だとわかれば、どうにか自社で買取したいと考えるのが営業マンです。

なにせ、彼らの営業ノルマは販売台数だけではなくて粗利ベースの収益も関係していますから。

そこで、人気車種や、海外への需要が高い車だと、とにかく安く買取できないかあの手この手で、その車の下取り条件を低く見積もりしようとします。

「うわー、子供さんが乗ってたんですね~内装がキビしいです」

「車が古いんで・・ちょっと値段が付かないですねぇ」

「今どきは燃費を気にする方が増えてるから、こういうのは厳しいかも」

こんな一言をつぶやくようにしながら車の査定を始めます。

一般的な車のユーザーなら、こんな一言を聞かされれば、

「たしかにそうかも・・?」

と思ってしまうような、誰でも理解できる当たり前の事実を言ってきます。

そこでユーザーさんが落ちかけたと見るや、畳みかけるようにトドメを指してきます。

「あ、でも○○様は今回ウチで車をご購入いただけましたし、値引きの一環として、あと二万円、この車の下取り額を上げさせていただきますね。」

内心はほくそ笑みながら「おし!これで十万は抜けるな」などとすでに頭の中で電卓を叩いております。

下取り価格を勝手に上げてくるというやり方も営業マンの常套手段で、ようするに車をうちで買ってくれるから特別価格だよ、ということにして、他社で買い取り額を調べさせないようにするわけです。

 

安心車.jp

スポンサーリンク

 

販売力の無さが買い取り額の低さ?

査定する価値なしと決めつけるケース

小さな車屋さんでは「あるある」な話をいくつかします。
きちんとした査定士がいないときや買い取り市場のトレンドに疎いところでは、ある程度の「年式」と「走行距離」の限界が来ている車は「廃車」という結論をすぐに出してしまうということです。

また、けっこう派手にぶつけている車なんかも評価がマイナスになりすぎて、ぶつけた部分のマイナスポイントだけで下取り額はほぼゼロ、というパターン。

それから、ちょっと古めの高級車。

もうこんなお金のかかる車、だれも乗らないでしょ。という思い込みから「値段付かないよ」とあっさりと査定をあきらめてしまうパターン。

車は販路が少ないところには売るな!

上記のお話は本当によくあるパターンです。売り手であるユーザーさんも、いつも世話になってる車屋さんに

「この車、値段付かないよ」と力説されると「やっぱりそうなんだ・・・。」と納得してしまうのです。

ですが、今は日本車が海外で高い人気があって、中古車として、部品どりのパーツとして、高値で買い取りされています。

オークション会場にいつも車の買い付けに行っている中古車業者さんなら当たり前のように知っていることを、車検をメインにするような車屋さんは知らないという、

「リアルタイムのトレンド」をスルーしてしまうのです。

いくら親切に対応してくれる車屋さんでも、ネットを駆使していろんな販売ルートを探さないようなところには車を下取りに出すのは本当にもったいないことになると考えておいてください。

販売ネットワークが下取り額の差を生む?

業者側の立場で考えてみるとわかりやすいのですが、すぐに20万円で売れる車なら10万円でも15万円でも即決で買取しますよね。

車の買い取り専門店は車の古さとか走行距離だけでなく、

「今ならいくらで買い取りできる」という市場価格にも敏感なので、高価買取ができるケースが増えるのです。

つねに買い手がいるという強み

中古車業者さんなら、車を店頭に展示して買い手が現れるのを待つという販売方法になりますが、買い取り業者の場合は、

海外も含めて専門の広いネットワークを持っているので、すでにその車を探している人や業者がいるという状態で査定することが多いです。

つまり買い取りをしたとたん、すぐに売ってしまうので、回転が早いわけで多少の金額の上乗せをしてでもさっさと買い取ってしまいたいときもあります。

「今ならすぐに売れる」というスピード感を求められていますから、査定も速いし買い取り額も高めになります。

 

 

最後に

車を購入するところはすでに決まっている。

でも今乗っている車はなんとなく購入するところに下取りに出すと思う。

という方は、めんどくさがらずにネットで自分の車の買い取り額を調べておきましょう。

 

下取りなら5万円

買い取り店へ売るなら8万円

ネットで検索するだけでなんと3万円も違うなんてことは普通にあることです。

さらに、海外からの人気が意外に高い車種もあります。

あなたの価値観で判断すると10万円くらいの損は普通にあります。

たった10分、スマホやパソコンで調べるだけでこの金額の差がでるのに

それでも「めんどくさい」ですか?

 

それともう一つ、ネットで自分の車の価値を調べておくのは別のメリットがあります。

検索した買い取り額を下取りに出す車屋さんに見せて下取り額の交渉をする材料にすることもできます。

「ネットの買い取り査定で調べたら、私の車、すごく高いけど?」

「もっと高く買い取ってもらえないの?」

と査定士に再度交渉してみると買い取り額が上がることもごく普通にありますので。

めんどくさがらずに、まずは調べてみることをオススメします。

ちなみに自分の車の買い取り額を調べるなら、

安心車.jpが便利で早いです。

このサイトなら、

ガリバー、ビッグモーター、ハナテン、アップル、などの

JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟の優良企業の買い取り店とネットワークで繋がっていて、

24時間いつでもスマホから買い取り額を調べることができます。

入力は約60秒と簡単で、メーカー、車種年式を候補からクルクルと選んで、後はお名前、住所、メールアドレス(捨てアドでもOK)を入れるだけ。

※アドレスはできればGmailの方がちゃんと届きます。

査定額に納得がいかない場合はキャンセルもOKなので気軽にできます。

あなたの愛車の下取り額が納得できない、もっと高く売れない?

と思ったら、まずは調べてみましょう。

>>車安心JPで査定依頼をしてみる

 

 

スポンサーリンク

車の買い替え
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました