車が水没して車両保険なしでも火災保険でカバーできた話

冠水した道路を走る車水没車

台風や大雨による洪水で車が水没してしまったときでも

車両保険に加入していれば保険金が出ます。

もしも、車両保険に入っていない場合だと

水没した車の修理費や買い替えの費用は

どのように工面したら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

車が水没して車両保険なしの場合

水没車
まず結論を言えば、車両保険に加入していない場合は車が水没しても保険金は出ません。

台風や大雨による洪水などで車が水没した場合にカバーできる保険は車両保険くらいで、地震による津波などの場合は地震保険特約を付けている場合のみ保険金が出ます。

つまり、一般的な車の水没といえば、台風などの大雨によるケースがほとんどですので、車両保険さえ入っていれば、限度額は決まっているものの、保険金が出ます。

車両保険以外で車の水没で出る保険金は?

たとえば、自宅に車を停めていてそのまま被災した場合も車の水没に対して保険金はどの保険からはでないのでしょうか?

可能性があるとすれば火災保険で、建物と家財に対して補償されることになっていて、原付バイクや自転車も家財として補償の対象になります。

余談ですが、火災保険は雪や風、落雷による被害にも保険金が支払われ、自宅に止めていたバイクが落雷の影響で被害を受けた場合も補償されます。

じつは車が水没しても火災保険で補償できる?

冠水した道路

車は家財に含まれない

まず、残念ながら火災保険では水没した車に対して保険金は出ません。

火災保険で補償されるのは建物のほかには家財が対象になりますが、自転車や総排気量が 125cc以下の原動機付自転車までしか補償の対象にならないのです。

自宅の屋根の修繕費を車の修理に?

僕がお話を聞いたお客様は、台風の被害で自宅の納屋の屋根が風でめくれあがってしまった方がいました。
「あんな古い納屋、別にいまさら直してもなぁ」
そう苦笑いするほどの古い納屋だったそうですが、母屋の屋根の修理のついでに火災保険で直せないか申請したところ、古い納屋の被害にも保険金が支払われたとのことでした。

このお客様の場合、母屋に被害を受けていなければ、古い納屋の被害だけでは火災保険の申請はしなかったと思います。

結局、納屋のほうは実用的には問題がなかったそうで、納屋の被害分の保険金は車の買い替えに充てたそうです。

つまり、火災保険で思わぬところでもらえた保険金がそのまま車の購入資金になったわけです。

建物への補償金を車にあてることが可能

車以外への被害をチェックしてみる

火災保険からは車の水没や損傷に対しての補償はでません。そのため、車両保険をかけていない場合は水没しても、すべて自費で修理をすることになります。

ところが、火災保険では車に対する保証はありませんが、家や車庫などの建物に対する台風や大雨の被害で、火災保険が下りることはあります。

火災保険からの保険金を車の修理に回すことは可能

もしも車が水没した場所が職場や外出先であっても、自宅が被災している場合は、小さな被害でも火災保険で補償されることがかなりあります。

たとえば雨どいが台風などの強風で変形してしまったり、飛来した物で小さくへこんでしまった場合などでも火災保険から保険金が出ます。

スポンサーリンク

火災保険の約9割で、火災以外の、台風、大雨、雪などの自然災害による被害でも建物や家財(車は含まれません)に対して補償されることが多いのです。

しかも、建物の損害に対して受け取った火災保険の保険金は、別の用途に使っても構いませんので、建物への補償としておりた保険金を車の修理や買い替えに使っても問題ありません。

そのうえ、火災保険は自動車保険のように保険を使った場合でも翌年からの保険料が上がることはないのです。

建物への修理を必要最低限に抑えて、残った保険金を毎日使う自動車の買い替えや修理に充てるのも保険金の上手なやりくりと言えます。

自宅への小さな被害も探してみる

水没した町
「まさか・・これは違うかな?」といった、家やマンションへの被害も、それが台風や大雨などの自然災害が原因であれば、火災保険から保険金が出ます。

災害があった直後はなかなかそこまで気が回らないのですが、貴重な財産としての建物への被害はちょっとした修理、修繕でもすぐに数十万円という出費になります。

ふだん当たり前のように保険料を支払っている火災保険ですが、もらって当然の保険金も、保険契約者であるご本人が申請しないと保険会社からは一切調査はしてくれません。

最後に・・・

車両保険に入っていない場合、車が水没してしまった場合だけでなく、台風、雪、雨、風、雷などによる損害を受けてしまった場合、車の保険からは一切保険金はでません。

また、車両保険に加入していても、車が全損になって乗り換えするときの資金を全額カバーしきれないケースもあります。

その一方で、火災保険は、火事でしか保険金が出ないとか、保険金が出ても翌年からの保険金が上がってしまうと誤解している方がかなりおられます。

車が水没したり風や落雷で被害を受けたとき、あなたの自宅も災害を受けている可能性が高いです。

火災保険では台風や大雨などでの、建物への軽微な被害でも補償範囲に含まれることが多く、申請を出してみて予想外の保険金の給付に驚く方もかなりいます。

もしも築5年以上の自己所有物件で、火災保険に加入しているなら、車への被害の確認と併せて火災保険の実地調査も依頼してみましょう。

専門業者による現地での調査は自分では調べられないような、屋根の上への調査も行ってくれるうえに、

築二十年以上の建物などの古い家屋でも、経年劣化なのか、被災箇所なのかの判別がつきにくい場合でも、プロの調査員なら見落とすことなく写真撮影をして報告してくれます。

台風などでの建物への被害調査はネットで簡単に無料で実地調査の申請ができるお家の保険相談センターがおすすめです。

全国のほとんどの地域への実地調査を行ってきた実績もあるので、小さな被害も見逃さず、火災保険から保険金を受け取るサポートをしてくれるでしょう。

火災保険での保険金は、所有者本人からの申請がなければ調査すらされることはありません。

面倒な火災保険の手続きもサポートしてくれるうえに、もしも被害が見つからなかった場合でも、調査費用を請求されることもありません。

どの保険会社でも、火災保険の契約をしているならまずはお家の保険相談センターに実地調査を依頼してみましょう。

無料実地調査を申し込む>>

 

スポンサーリンク

水没車
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました