車のエンジンがかからないのはリモコンに原因?

スマートキー車の不具合や修理

イモビライザーのおかげでユーザーはキーを取り出すこともなく車のロックを解除することができます。

さらにエンジンの始動もスタートボタンを押すだけで快適にスマートにエンジンをかけることができます。

ただしこのイモビライザーと言うシステムは、セキュリティーの上でも非常に重要な役割を果たしますので、簡単に複製することができません。

突然エンジンがかからなくなった場合、イモビライザー付きの車の場合は、かなりの確率でイモビライザーに原因があります。

スポンサーリンク

車のエンジンがかからない場合のリモコンの確認

リモコンの電池の簡単な確認方法

ほとんどのイモビライザーやリモコンキーには小さなLEDが付いています。

アンロックするボタンを押した場合、この小さなLEDが赤く光ります。

ボタンを押したときにしっかりとその都度LEDが光るかどうかを確認してください。

もしもボタンをしたときに反応が悪い場合は電池がないのではなくリモコンのボタンがきちんと反応していないケースが多いです。

その場合はリモコンキーの基盤の部分が陥没してしまっているので、ほとんどの場合はリモコンキーそのものを交換してあげないといけません。

まずはリモコンキーの電池の交換をしてみてください。

エンジンがかからないとき

キーフリーの車でエンジンがかからない場合はまずはイモビライザーを、エンジンをかけるスタートボタンの近くになるべく近づけてください。

スポンサーリンク

できればイモビライザーで直接スタートボタンを押す位のやり方が間違いないです。

また、意外にも知られていないことですが、イモビライザーと携帯電話をすぐ近くに置いておくと電波障害が起き、エンジンがかからないことが稀にあるそうです。

そのためエンジンがかからない場合は携帯電話をイモビライザーから少し離してください。その上でイモビライザーをスタートボタンになるべく近づけてからエンジンをかけてみてください。

またダイハツ車や、一部のトヨタ車のようにイモビライザー回すタイプのものですと、ハンドルロックがかかって一時的にエンジンスタートノブを回すことができないことがあります。

この場合はハンドルが右か左に曲がったままになっているのでうまくハンドルをニュートラルの位置に動かしながら再度エンジンスタートノブを回してみてください。

 

 

まとめ

イモビライザーがついている車の場合、エンジンがかからない時はまずリモコンの中の電池の寿命を疑ってください。

この場合イモビライザーの中に芽かきと呼ばれるICチップを埋め込んだ気が入っていることもありますのでそれを使ってエンジンを回すことができます。

イモビライザーがついている車の場合、エンジンがかからない時はまずリモコンの中の電池の寿命を疑ってください。

 

 

スポンサーリンク

車の不具合や修理
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました