車の発電機の交換を安い修理代で終わらせたいなら知っておくこと

発電機

発電機の交換はカーディーラーに依頼するとかなりの高額修理になることが多いです。

実際に修理をする場合は発電機を新しいものに交換するケースもありますが、

発電機の場合、修理費を安く抑えることもできます。

発電機の交換には、部品代だけでなく交換作業料も必ず含まれますが、

他にも交換を推奨されるものがあり、修理代をより高額にしています。

スポンサーリンク

車の発電機の交換を安い料金で受けてくれる工場とは

まず発電機の価格は同じでも作業料金が整備工場によってまちまちです。一般的にほとんどの作業料金はカーディーラーが最も高く設定されています。

発電機の交換は他の整備工場でもできるのですが、比較的安い料金なのが、整備を専門にしている整備工場や、電装品の取り付けを専門にしている電装屋さんです。

一般的な整備工場でも自動車販売などをメインにする工場もありますが、整備を主にしている工場は意外と少ないです。

ですが、修理専門に業務をするほうが作業にも慣れていますし、早く終わらせる分、交換作業料を安く設定しています。

また、中古の発電機を探してもらうことも町の整備工場さんなら快く引き受けてくれるケースもありますので、部品代を安くすることも可能なのです。

もちろん、中古の発電機には保証はついていませんので、リスクを理解したうえで作業を依頼することにはなります。

発電機のベルトやバッテリーを一緒に交換することを勧められますが、「安く抑えたいです」と伝えることで、部品の交換を極力抑えてくれることもあります。

ディーラーと違って柔軟に対応してくれるのも整備工場のいいところと言えます。

ほかにも電装品専門でやっている、いわゆる「車の電装屋さん」はカーエアコンの修理や発電機、セルモーター(スターター)の交換や修理をやっています。

電装屋さんとは「○○電装」など、工場の屋号のなかに電装と入っている工場のことを指します。

電装屋さんにとっては発電機の交換作業は日常からやっていることなので、作業内容も熟知しています。

交換する発電機の金額を格安で提示している理由とは

発電機を新品ではなく「リビルト品」という再生品で交換することを提示してくるケースもこれらの整備工場ではよくあります。

とくに電装屋さんでは、自社で発電機のリビルトをすることもできますので、

自社製のリビルト製品を販売したいから交換作業料金を安く設定しているところも多いです。

ちなみにリビルト製品には取り付け後の不具合に対して、保証する期間と走行距離が決められています。

最も安く発電機の修理を終わらせるには

発電機を交換するときには、「新品」「リビルト品」「中古品」の三つの選択肢があります。

基本的にカーディーラーでは新品かリビルト品の交換を勧めてきますが、交換作業料金は比較的高めです。

スポンサーリンク

そのぶん、車の修理を専門でやっている整備工場の場合は中古品も含めた三つの選択肢をすべて提示してくれることも多く、交換する料金も比較的安いです。

ただし、中古品のリスクもありますので、しっかりと修理するならリビルト品を選ぶのがベターかもしれません。

そして、最も安い修理費で発電機の修理を終わらせることができるのが電装屋さんなのかもしれません。

車の電装品の取り付けと修理を専門にやっていることで、自社製のリビルト品の発電機を在庫していることもありますし、

場合によっては車についている元の発電機の中身をオーバーホールしてくれるケースもあります。

交換作業料金も安め、販売する発電機も自社製なので安く設定しているケースもあるので、

発電機の交換、修理に関しては電装屋さんが料金も部品代金も最も安くすむケースが多いです。

ただし、小さな電装屋さんだと代車を貸してくれないケースもありますので、金額以外のトータルのサービスは期待できないかもしれません。

ほかにもデメリットとして、電装屋さんは職人肌な社長が細々とやっているところも多いので、飛込みで入るには少しためらってしまう雰囲気もあるかもしれません。

ディーラーのように待合スペースが充実していたり、整備士が丁寧に説明をしてくれるということもないかもしれません。

まとめ

車の発電機の修理を安く終わらせたいなら、

・リビルト製の発電機を電装屋さんに交換してもらう

・修理専門の整備工場に中古品の取り付けを依頼する

上記のような組み合わせで修理費をかなり安くすることができるでしょう。

おそらくディーラーで新品交換を依頼するときと比較すると

リビルト品を使用する場合は六割ほど

中古品を使用する場合だと半額くらいでしょうか。

 

ただし、金額以外の

「サービス」

「丁寧な説明」

「アフターフォロー」

などを加味すると、ベストではないかもしれません。

発電機の故障は走行不能になることもあるので代車は必要になってくるでしょうし、

あまりにも職人肌な工場だと、

「修理費を安く抑えたいからバッテリーやベルトはなるべく再使用して」

とは言いにくい雰囲気がある電装屋さんもあります。

また中古の発電機はあくまで中古ですから、どれくら使えるのかがわからず、

万一すぐに壊れても整備工場側は「それは仕方ないでしょう」と保証などはしてくれません。

(あまりにも短期間で壊れた場合は作業料を考慮してくれるかもしれませんが)

その車を長く使いたいなら中古品の使用は避けたほうがいいでしょう。

今回のお話はあくまで「最も安く」ということにフォーカスした選択肢です。

なので、整備士の僕としては発電機に関しては、料金の安さとサービスのバランスを考えると、

操業年数が長く、ディーラー並みのサービスと柔軟な対応をしてくれる大手の整備工場がおすすめです。

スポンサーリンク

発電機
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました