ディーラーで車検を断ると費用はかかる? 高額車検を途中でやめるには?

トヨタ系ディーラーディーラー

ディーラーは整備工場のなかでもちょっと敷居が高いイメージがありますね。

もしもディーラーに車検を依頼してしまったら、どんなに高額な見積もりを出されても車検をするしかないのでしょうか。

場合によっては車検を断るとキャンセル料金を請求されることもあります。

ディーラーでの車検は途中で断ることはできるのか?

高額修理を知ってからキャンセルすることができるのか?

今回のお話はそんな疑問にお答えしていきます。

スポンサーリンク

▼関連記事▼
ディーラーに関するまとめ】カーディーラーでの商談・車検・保障・特殊な作業など

ディーラーの車検を断ることはできる?

すでに点検が終わっている場合

基本的にはディーラーの車検の進め方は、代車を用意しておいて車を預かってしまうやり方です。

そのため、すでに車を預けて整備士が車の分解や点検を完了してしまったうえでのキャンセルとなると、断るのはかなり勇気がいりますね。

ただ、この状態からでも車検を断ること自体は問題ありません。ディーラーも商売でやっているので、お金を払う側としては、はっきりと「キャンセルしたいです」と断ってもいいのです。

ただし、点検が終わっている場合は、その状態に進めることでディーラー側にもコストがかかっている場合はキャンセル料金を請求されることがあります。

この場合でのコストとは、主に整備士が動いて車の点検をしてくれていることです。ちなみに代車を借りていたとしても代車そのものに料金を加えることは基本的にできません。

なぜなら、お金を取って車を貸す場合は「レンタカー登録」をした車でないといけないのです。※「わナンバー」とかですね

 

 

事前見積もりだと断りやすい

車検に合格する状態かどうかとか、できるだけ交換したほうがいい部品などを先にある程度出してくれるのが「事前見積もり」です。

事前見積もりはディーラーの場合は予約が必要なことが多いですが、基本的には無料でしてくれますので、もしも高額な車検になりそうならまずは事前にある程度の整備のプランを立てるためにも事前見積もりをしておきましょう。

もしも、事前見積もりをして作業内容を把握したうえで車検に取り掛かったとき、事前見積もりよりも大幅に見積もりが増えた場合などは断りやすいというメリットがあります。

ユーザー側としては

「これくらいの金額で車検が終わるっていうから受けたのに・・・」

という切り出し方をすれば車検のキャンセルも言いやすくなります。ただし、この場合でもキャンセル料金は請求されます。

 

 

車検の費用が高額になったら断るべき?

高いか安いかの判断を冷静にする

たしかにディーラーの車検のなかには非常に高額な車検の見積もりを「しれっ」と出してくる場合もあります。

売り上げが足らなくて困っている店長や工場長もいますから、あまりメカニックに詳しくなさそうなお客様に、やれ添加剤だ、やれワングレード上のタイヤだのと勧めてきます。

これらを全部依頼していたら、予定よりも十万円以上の車検になる可能性も十分にあります。

スポンサーリンク

この場合、大事なのは高額になっている理由というか内容です。ただ単に高いタイヤが四本入っているとか、おススメな整備がどっさりと入っているだけなら、整備の内容を減らすなり、タイヤなら安いものに変更してもらうことも可能です。

ところが、オイル漏れだとか、タイミングベルト、オートマチック内部の不具合などからの高額修理なら、キャンセルして乗り換えしてしまってもいいかもしれません。

また乗り換えはせずに修理をする場合でも他の整備工場に同じ作業を依頼すれば随分と安く上がってしまうこともありますので、ここはハッキリと「予算オーバーだから」と切り出してもいいでしょう。

ただしこの場合はもう一度車検を依頼するという「出戻り」はできないです。

 

 

車検を途中でやめるときの注意点

上手な断り口上で切り抜ける

車検を依頼して、車も預けている状態から、高額な修理の見積もりの報告を受けたとき、乗り換えをするつもりだけどディーラーで新車を購入するつもりもなく、

中古車を専門店で購入しようという考えが頭によぎったとき、どうやってディーラーでの車検を断るべきなのか、すこし言葉が見つからないことがあるかもしれません。

そんなときは

「この車は親せきにあげるからいったん車検はキャンセルしたい」

みたいな断り方もできます。

もちろんベテランの整備士や営業さんは、そこらへんの事情というかパターンはわきまえているので内心は

「出たよ、いつものヤツ」

と思うかもしれませんが、本当に免許取りたての親せきの子供に車をあげることもあるので、「そうですか」とあっさりとキャンセルに応じてくれます。

ただし、やり手の営業さんならそこらへんはしっかりと見抜いていますので、どうにかして自社での乗り換えにできないかと、

あれこれ提案をしてきますので、そこは「自分の一存では決められないし、もう約束しちゃったから」と、その場にいない誰かのせいにしてしまうのがいいですね。

キャンセル料金が発生するケースも

すでに分解や点検が完了してしまっている段階で車検を断る場合はキャンセル料金がかかることが多いです。分解に携わったスタッフの人件費がかかってしまっているので、ここは素直に応じるしかないでしょう。

もしも例外的にキャンセル料金がかからないとすれば、そのディーラーで新車の購入や車検する予定だった車も下取りや廃車にする場合は、サービスや値引きの一環として分解点検のキャンセル料金は請求されないことがあります。

 

 

まとめ

ディーラーでは、車検は完全予約制になっていることが多いので、車検をキャンセルされてしまうと無駄な労働をすることになり、別の車に充てるはずだった時間を浪費されてしまうことになります。

そのため、基本的には点検や分解を完了した後の車検を断る場合はキャンセル料金は請求されることが多いです。

ただし、車検の事前見積もりをしたうえでの車検なのに、見積額が大幅に上がった場合は、「こんなはずじゃなかった」と金額が予算オーバーになってしまったことを伝えたうえで断ることができます。

この場合、他のディーラーや中古車屋さんで次の車を購入するつもりだ、などと余計なことは言わないほうがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

ディーラー
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました