車を購入したディーラーから違う店舗に。担当者に変える挨拶は必要?

カーディーラー 店内ディーラー

新車を購入してから付き合いが始まったディーラーだけど、なんだか店や担当者の対応に不満が。

今後も車検や整備のたびに顔を合わすのも気が進まない。

こう考えているお客様は結構います。

ディーラーが悪いというよりは、ほとんどの不満の原因は担当した営業マンやサービスマンなど、直接かかわった人たちへの不満がといえます。

ですが、担当者が嫌だから、「担当の方を変えてください」というのも角が立つようでいいにくい。

同じ系統のディーラーが近くにあるなら、お店ごと変えてしまうのもいいのかもしれません。

そのときに、今まで利用していた店舗と、次の店舗に対して、引継ぎなどの報告をするべきでしょうか。

ディーラーでもサービスのいいディーラーと、クレームや客離れの多いディーラーもあることは確かです。

お金を払う側としては、お店を選ぶことができるはずなので、

我慢をしてまで同じお店を利用しないといけないわけではないのです。

スポンサーリンク

▼関連記事▼
ディーラーに関するまとめ】カーディーラーでの商談・車検・保障・特殊な作業など

車を購入したディーラーと違う店舗での対応の違い

営業マンの力がサービスの質と関係している?

たとえば、新車を購入したときの担当者が、そのディーラーの店長だった場合、購入した後のちょっとしたクレームのような問い合わせでも、

しっかりと対応してくれたり、しっかりと引継ぎをしておいてくれるケースが多いのかもしれません。

店長という肩書がつくだけで車の販売の成約率が上がるくらい、店長にはお客様も期待を寄せています。

同じような業務連絡でも店長からの直接の指示と、現場の1スタッフからのものなのかでは依頼されたスタッフの感じ方や力の入れ方も違うのかもしれません。

そういう意味で、理想的には店長から車を購入して、そのままずっと店長だけに車検や整備を依頼するほうが、ちゃんとしたサービスを受けることができるのかのしれません。

別のディーラーの店舗へ作業依頼をすると・・?

たとえば、「トヨタディーラー」と一言でいっても、会社が別の場合があります。

例を挙げると、「ネッツトヨタ」といっても、同じ県下に全く別の会社が運営する「ネッツトヨタ」があります。

そのため、今まで利用ていた会社との付き合いをしたくないからと、近所の別のディーラーに作業を依頼しても、

そもそも別の会社であることもあるので「一見さん」として扱われてしまうこともあります。できれば同じ会社が運営するネッツトヨタに作業を依頼するほうがいいです。

スポンサーリンク

 

 

ディーラーの担当者を変える

言いにくい場合は店ごと変える

もともと新車を購入するときからの付き合いだった場合などは無理に同じ担当者とかかわる必要もありませんが、担当者を変えるように言うのも言いづらい場合は、別の店舗に依頼するのもいいでしょう。

この場合、同じ会社の中の店舗なら、最もスムーズにいきます。

「家からは遠くなるけど、職場からは近いから」

などと理由を考えておいて、別の店舗に行くようにすれば嫌な担当者とも話をせずに済みます。

その後、車検や定期点検、リコールなどで連絡があった場合は、あらかじめ考えておいた理由で別の店舗に依頼する旨を電話で伝えるのでもいいでしょう。

 

 

ディーラーの店舗を変える際の挨拶は必要?

同じ会社が運営する店舗なら挨拶も不要

同じ会社の中での「ネッツトヨタ○○店」から「ネッツトヨタ▲▲店」に利用する店舗を変える場合などは、担当者に挨拶する必要もありません。

なにか引き継ぎが必要な時にどうしても連絡を取ってもらわないと困るときにだけ担当者に連絡をとればいいのです。

整備履歴などはネットワークで共有されている

メーカーによって多少の違いはありますが、運営する会社が違っていても同じメーカーでのシステムを利用している場合は、

整備の履歴やどの販売店で購入した車なのかまでも、各店舗からパソコン端末で確認することができます。

そのため、新車からの一般保証や、特別保証を受けるときも、前回の修理や保証のないようもどこの店舗でも確認することができるので、主に利用する店舗を変えても、挨拶をする必要はありません。

常識的に、お世話になった担当者に挨拶を言いたいときは電話で簡単に済ませることでも構いません。

 

 

まとめ

新車を購入して以来、ほとんどディーラーに車を持ち込むことがないという人もかなりいます。

ただ、ここまで極端にディーラーとの付き合いがない場合は、新車からの保証を受けるさいに、制限を受けてしまうことがあります。

たとえばオイル交換をいつからやっていないのかが不明で、エンジンの不調があった場合などは、適切な整備を受けていないから故障につながったと判断されてしまいかねません。

それを防ぐためにもとくに新車を購入してから初めの三年はディーラーとの付き合いを途切れさせないようにしておくほうがいいでしょう。

その際に、同じ店舗を利用するほうがより望ましく、無理に購入した店舗を利用しなくても、別の店舗を利用しても問題はありません。

 

スポンサーリンク

ディーラー
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました