なぜプリウスはアクセルとブレーキの踏み間違いをするのか?

50系プリウス シフトレバーハイブリッドカー

プリウスはモーター駆動で発進するため、トルクフルな力強さがあり、

そのぶんペダルの踏み間違えは大きな事故の原因となります。

また、オートマチック車では前進と後退を間違ってしまう事故が起きることがあります。

立体駐車場の壁を壊すほどの事故も過去にありました。

これらは、単なる前進とバックの勘違いだけではなく、

アクセルとブレーキを踏み間違っていることも重なり大きな事故になっています。

プリウスでの重大事故が報道されているなか、

プリウスは運転操作を間違いやすい車なのかを考えてみました

スポンサーリンク

▼ 関連記事▼
【ハイブリッドカーまとめ】バッテリーの寿命・車検・メンテナンスなど

プリウスのアクセルは踏み間違いをしやすい

運転席からのペダルの位置にやや難がある

プリウスは前輪駆動車なので、右前のタイヤの位置がやや運転席に近いような構造になっています。

運転席に乗り込んだ時に違和感を感じるドライバーは、マークxとかスカイラインなどの、後輪駆動者(FR)に乗っていたことが多いドライバーなのかもしれません。

つまりプリウスは運転席のアクセルペダルとブレーキペダルの位置が、後輪駆動者よりもやや左側によっていることで、

運転手の右足の正面にアクセルペダルがなく、左側にオフセットしているように感じるのです。

ですが、これはプリウスだけが特殊なわけではありません。上記のようなペダルの位置関係は他の前輪駆動車でもよくあることなのです。

運転手からするとアクセルを踏むのもブレーキを踏むのも、右足を左側へオフセットさせないと操作できないことは確かなのです。

プリウスのブレーキは踏み間違いをしない?

これに対してプリウスのブレーキペダルは、随分と左にオフセットしているため右足をかなり多めにずらさないとブレーキペダルを踏めないようになっています。

運転手はこのことを体で覚えるため他の車種に比べて右足をやや左に動かすことが癖になっています。

この、常にブレーキを踏む場合は右足を左へずらすということを習慣づけることでブレーキペダルを踏み間違う事は比較的少ないと考えられます。

パニックブレーキの恐ろしさ

とっさの判断でブレーキを踏まないといけない時に、止まるはずの車がさらに加速をした場合、

人はいとも簡単に判断能力を失い、パニック状態になってしまいます。

さらにこの状態では、ひとたび力を加えた部分の力を抜くことができず、そのまま保持してしまう傾向にあります。

めいいっぱい踏み込んだアクセルペダルから力を抜くことはとっさの判断として難しいのです。

スポンサーリンク

特にプリウスの場合、モーター駆動のため停止状態からの加速が非常に鋭く、パニックになった状態の判断力をさらに鈍らせてしまいます。

もしもこの時、左に右足をずらしてブレーキを踏んだつもりが、慌てていたためアクセルと踏んでしまった場合、

進むはずの方向と逆方向へ車が猛スピードで進みだしたら、

ドライバーは冷静に自分のミスに気づき、誤操作をリカバリーすることができるでしょうか。
 

 

プリウスのシフト操作には慣れが必要

マニュアル車のアクセルの踏み間違いがない理由

かつては運転免許と言えばかならずマニュアル車での教習が必須でしたが、

オートマチック限定の免許ができたことで、販売されている車のほとんどがオートマチック車となっていきました。

マニュアル車の場合は、アクセルペダルとクラッチペダルをうまく連携させながら車を発進させますので、

アクセルの操作には微調整も必要になり、おのずとアクセルペダルへの意識がしっかりとしています。

それと同じくらい意識をしている操作としてマニュアル車のシフトチェンジレバーです。

ドライバーは、ギアの位置を感覚的にチェンジレバーの位置を目視することなく認識していますので、前進とバックを間違うことは感覚的にありません。

プリウスはシフトレバーに触る時間が短い

オートマチック車全般に言えることですが、運転中はほとんどシフトレバーを触り続けることはあまりありません。

必要な時にだけレバーを操作するので、自然とレバーの位置を体感的に覚えていくことも少ないです。

プリウスの場合は、シフトレバーそのものが元の位置にもどる、ゲームコントローラーのようなタイプなので、

シフトがどのポジションに入っているのかはモニターの表示だけが頼りです。

この状態ではバックと前進を間違ってしまう可能性は非常に高くなってしまいます。
 

 

まとめ

アクセルとブレーキの踏み間違いが起きる原因には、前進とバックを間違って認識しているケースが非常に多いといえます。

バックに入っていると思いながらアクセルを踏むと車が前進したとき、運転手はパニックになってしまいます。

このとき、

とっさのブレーキ操作ができれば、事故は起きないのですが、ブレーキペダルの位置を体がしっかりと認識できていない場合だと、

『とにかく右足を出して、近くのペダルと踏んだ』という、パニック状態でアクセルをめいいっぱい踏んでしまうのです。

前進とバックを間違ったために冷静さを失いパニックで右足でブレーキペダルらしきところを強く踏む

これこそがアクセルとブレーキの踏み間違いのきっかけだと考えられます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました