車のサイドガラスが割れたら応急処置の方法と交換費用を知っておこう

車の粉々に割れたサイドガラスガラスや窓のトラブル

車のサイドガラスは簡単に割れます。

フロントガラスのような「合わせガラス」ではないので、

割れると「バシャ!!」って感じに粉々になります。

破片が原因で大けがをすることはありません。

またサイドガラスが割れたままだと突然の雨などでは車内が濡れたり汚れたりしてしまいます。

そのままの状態では防犯上の問題で車から離れることができません。

今回は、走行中ではなく車を停めているときにガラスが割れていた場合や

イタズラなどで割られていたときの応急処置の方法、

その後の修理する場合の費用などについてご説明していきます。

ちなみに、フロントガラスは強度も割れ方も違いますので

応急処置もできませんのでまったく別のケースとなります。

スポンサーリンク

車のサイドガラスが割れたらまずすることは?

割れたガラス片
サイドガラスは割れても四角い砂利のような感じになって粉々になります。そのため、車内に人が乗っている時でも大きなケガをすることはあまりありません。

それでも顔に当たったりした場合は、小さな切り傷ができてしまうこともあります。

今回は車を停めているいるときにすでに割れているケースの場合としてですが、まずは車内に入り込んだガラスの破片の片付けをしましょう。

処置前の画像が残っていると助かることも

サイドガラスが割れてしまった場合、任意保険に車両保険を付けている場合は保険で修理することができます。

スマートフォンなどで処置する前の状態を撮影しておくと、保険適用をする場合にスムーズに進めることができます。

また、いたずらなどで警察に被害届を出す際にも画像があると状況の説明がしやすくなりますので、車のナンバーが写るようなカットなど、いくつかの角度から割れたガラスの周辺を撮影しておきましょう。

割れかけのガラス片を処理する

サイドガラスが割れると、衝撃が入った部分から粉々になって割れます。

ガラスがすべてなくなるほど割れているならいいのですが、窓の周りに小さく張り付いたような破片がくっついている場合は、まずこれらを取り除きます。

すでに割れていて、かろうじてくっついているだけなので手で軽く叩くくらいで小さな破片になっていきます。ただし素手で触れると小さな切り傷ができますので直接触らないようにしましょう。

まず、トランクルームなどにあるスペアジャッキやレンチを使って、割れたガラスをコツコツと軽く叩きながらすべて壊していきます。

この処置をしておかないと走行中にガラスの破片が車道に落ちて他の車に当たったり、道路に落ちてしまうことがあります。

割れたガラス片を集めて移動させる

ガラス片を素手で直接触るとチクチクしますので布やタオル、Tシャツなどを使ってほうきで掃くようにしてシートの上に落ちているガラス片をいったんフロアマットの上に落とします。

そのあともシートに座るときは小さなガラスの破片が棘のように残っていることがあるので、布や服を敷いた上に座るようにしましょう。

フロアマットにガラス片を落としたら、今度はフロアマットを静かに外し、上に散乱しているガラス片をトランクルームなどに移します。

厚手のビニール袋などがあるならそのなかに入れておくと後の掃除が楽ですが、

ビニール袋を二重にして使うのでも袋が破れにくいのでおすすめで、新聞紙などに包むとさらにいいです。

ガラスが割れたドアのガラスがすべてなくなった状態になれば次は応急処置をしていきましょう。

 

車のサイドガラスが割れたときの応急処置

基本的には車のサイドガラスが割れた状態は、防犯の問題上、すぐに整備工場に車を預けるのがベストなのですが、日曜祝日、ゴールデンウイーク、深夜や僻地など、どうしても整備工場にすぐにいけないケースもあります。

まず応急処置をする理由ですが、窓ガラスが完全になくなった状態になっているので、

・走行中に車内のものが外に飛び出してしまわないようにする

・雨や風で車内が濡れたり汚れたりしないようにする

・車を駐車しておくための最低限の防犯対策

などがあります。

 

応急処置であると便利なもの

あくまで応急処置ですので、なるべくコンビニなど、どこでも手に入るものを使うほうがいいです。

ガムテープ・・できれば布製のタイプのほうが重ね貼りができてしっかり処置できます

段ボール・・・コンビニでも事情を説明するともらえることがあります

ビニール袋・・厚手のタイプが破れにくくておススメです

カッターナイフやハサミ・・大きめのカッターや裁断ばさみのほうがが作業しやすいです

とりあえずこれらのものがあると応急処置ができます。

スポンサーリンク

 

運転席や助手席側のサイドガラスが割れた場合

割れたサイドガラス

前側のサイドガラスは車の運転をするうえで重要な視界を確保する必要があります。

そのため、できる限り透明のビニールなどで窓ガラスの代わりに車の開口部をカバーするほうがいいでしょう。必ず透明で視界が確保できることが絶対条件です。

もしもガラスがない状態でも走れる天気なら、なにも貼らずにそのままで走りましょう。ただし、高速道路などでは窓を開けたまま走ることはできません。

段ボールなどで完全に塞いでしまった場合は運転席からの十分な視界を確保できない状態になってしまいます。

ただし、フロントガラス、前席の左右のサイドガラスから視界が確保できない状態は道路交通法で違反になります。

この場合は車を自走させることはあきらめて、レッカーサービスで運んでもらうことをおすすめします。

後ろ側のサイドガラスが割れた場合

後部座席の左右のガラスの場合だと、ビニールや段ボールでしっかりと塞いでしまっても問題ありません。

段ボールが手に入るなら、段ボールを割れた窓ガラスの形に近い状態にカッターナイフなどで加工し、ガムテープで外側と内側からしっかりと塞いでしまいましょう。

だたし、応急処置ができても、走行中は他の窓を開けてはいけません。

開けてしまうと、内側からの風圧で処置した段ボールやビニールが一気に吹き飛んでしまうことがあります。

できるだけすべての窓を閉め切った状態で走行するのがベストです。

 



応急処置をしたままで車を駐車する場合

修理工場に入庫させるまでの間、どうしても外に車を停めることになってしまう場合、雨や風の侵入を防ぐための処置をしっかりとしておきましょう。

そのうえで防犯対策として、ガラスが割れている側を壁際に停めることが可能なら、縦列駐車で壁のギリギリに寄せておくことで、人が物理的に入り込めないくらいの隙間にしてしまうのもお勧めです。

 

整備工場でのサイドガラスの交換費用はいくら?

まず、ガラスだけが割れている状態と、ドアやボディにも損傷がある場合では修理費が全く違ってきますので、今回はガラスだけが割れているケースでのお話です。

また車のグレードというか、車種で違ってくるので、一般的な中型車クラスの車を例にお話しします。

運転席または助手席のサイドガラスの交換費用

まずサイドガラスにはフロントガラスのように「純正ガラス」「社外品ガラス」「外国製ガラス」といった選択肢はありません。

なぜなら、サイドガラスはフロントガラスほどの需要もないうえに、ガラスの形状も車種別にパワーウィンドウのレギュレーターと合うような特殊な形状になっています。

そのため、ほとんどは純正品しかありませんので値段はどこの修理工場でも同じです。

サイドガラスの部品代
12,000円~20,000円 ほど
交換工賃
[ディーラー系] 20,000円~30,000円
[板金工場や整備工場など] 12,000円~20,000円 ほど

後席ドア側のサイドガラスの交換費用

通常の開き方をするドアのガラスなら前席のガラス交換の費用と基本的には同じくらいと考えていいでしょう。

ただし、ガラスが極端に小さな車種、CHRとかのSUV系だとガラスの部品代が変わってくることもあります。

 

後席スライドドア側サイドガラスの交換費用

スライドドアのサイドガラスの交換は通常のドアよりも交換工賃が高くなるケースが多いです。

■スライドドアガラスの部品代
10,000円~20,000円ほど
■交換工賃
[ディーラー系] 20,000円~30,000円
[板金工場や整備工場など] 12,000円~20,000円

ただし、車種によってはUVカットなどの機能を持たせているガラスの場合は値段が倍以上になってしまうことがあります。

高級セダンやミドルクラスの車になるとケースバイケースです。

▼ 関連記事▼
【まとめ】車の事故やトラブルなどの応急処置・修理・予防知識など

 

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ありがとうございました

    • サボカジサボカジ より:

      コメントありがとうございます。

      お役に立てたなら本当に嬉しいです!

  2. 匿名 より:

    駐車していた際に、運転席側のサイドガラスが破損
    焦ってしまいましたが丁寧な説明に安心できました。
    ありがとうございます。

    • サボカジサボカジ より:

      匿名さま

      コメントをありがとうございます。

      この記事がお役に立てたなら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました