エアバッグの警告灯が点いた!その消し方は?車検には合格できるの?

エアバッグ警告灯が点いたら車の警告灯

エアバックの警告灯のマークは比較的に意味が分かりやすいですが、

この警告灯が点灯する原因は意外と知られていません。

「エアバックの警告灯なんだからエアバックが開かなくなるんじゃないの?」

たしかにそれも正解ですが、エアバッグが誤作動する可能性もあります。

なかには

「エアバッグなんて事故が起きたときのものでしょ。ほっといてもいいじゃない?」

などとおっしゃるお客様もおられます。

今回はエアバッグの警告灯が点いたときの対処法や

法令上ではどんな問題があるのかというお話です。

スポンサーリンク

▼ 関連記事▼
https://kuruma-lifehack.com/car-warning-lamp-matome/

エアバッグの警告灯が点灯するとどうなる?

基本的にエアバッグは作動しなくなる

エアバッグが開く事故
エアバッグの警告灯のマークが点灯するということは、エアバッグを作動させるシステムの「なにか」が異常をきたしていることを示しています。

この状態になると、エアバッグは開かないというだけでなく、「エアバッグが誤作動する」という事態も回避する必要があります。

そのため、エアバッグに関する制御を停止する必要があり、各センサーなどに異常が検出されてしまうと、一時的にエアバッグが一切開かなくしてしまうこともあります。

エアバッグに関係するセンサーとは

まず、エアバッグは、車体に大きな衝撃が加わったときに作動するようになってします。そのため、車の前面付近に衝突を検出するための「サテライトセンサー」(※インパクトセンサー)があります。

もしも、このサテライトセンサーが間違った情報をECU(コンピューター)に送ってしまうと、必要のないときにエアバッグが展開することになり、非常に危険です。

そのため、重要な情報減となるこれらのセンサーから、回路のショート(短絡)、またはオープン(断線)が検出されると、エアバッグは一切作動しないようになってしまうのです。

エアバッグの警告灯が点灯したら事故の際にもエアバッグが作動しなくなる。

 

エアバッグ警告灯の消し方とは

警告灯が点いた原因が必ずある

エアバッグ警告灯

エアバッグを作動させるには、さまざまなセンサーからの情報をECUが判断しエアバッグモジュールに命令が送られます。

エアバッグモジュールとは、風船のように開くエアバッグ本体とインフレーターと呼ばれる火薬が入ってエアバッグを開かせるための部品がくっついたものをいいます。

そのほかにも衝突した際の衝撃を感知する「サテライトセンサー」や、急激な加速や減速を感知するための「加速度センサー」や「Gセンサー」など様々な情報をもとにエアバッグの制御をしています。

これらの重要なセンサーなどに不具合が発生すると運転席のメーターの中にエアバッグのシステム異常を知らせるためにエアバッグ警告灯が点灯します。

スポンサーリンク

そのほかにも、センサーやコンピューター、エアバッグモジュールをそれぞれ繋いでいるケーブルや接続カプラーなどの回路に断線やショートなどの異常がある場合もエアバッグ警告灯のマークが点灯します。

これらの原因を見つけ出し、配線修理やセンサーの交換など、問題を解決しないと警告灯を消すことはできません

エアバッグの警告灯はセンサーや配線の異常を見つけて修理しないと消せない

エアバッグキャンセラーで擬似信号を送る

サイドエアバッグ

車好きなユーザーならサイドエアバッグ付きのシートを社外品のレカロシートやバケットシートに交換する場合などでエアバッグの警告灯が点灯しないように処置をします。

そのときにエアバッグキャンセラーという、純正の配線に割り込ませることでエアバッグの警告灯が点灯しないようにすることができます。

このエアバッグキャンセラーを車に接続することで、コンピューターに対して「異常はありませんよ」と嘘の情報(疑似信号)を送ることで警告灯が点灯しないようにしています。

ただし、社外品の商品なので、耐久性や信頼性には「当たり外れ」があり、きちんと機能するかどうかは他のユーザーのレビューなどを参考にするのがベターでしょう。

ただ、プロの整備士として、安全に関わる部分なので「ノーマルが一番ですよ」とお客様にはお話しています。

エアバッグのマークが消えないと車検に合格しない?

エアバッグは安全に直結するので警告灯は不合格

残念ながらエアバッグの警告灯が点灯すると車検に合格しません。
実際にエアバッグが開くかどうかという確認はそのときにならないと確認はできませんが、この場合は保安基準を満たさないという判定になります。

たとえば、エアバッグをハンドルと一緒に外してしまって、スポーツハンドルに交換してしまった場合だと、そもそもエアバッグが装着していない車ということになるので、警告灯がつかないようにメーターの中を加工すれば車検に合格することはできます。

ただし、車の年式などによってはエアバッグが装着していることが前提となるため、エアバッグを取り外してしまった時点で車検に合格しないことになってしまいます。

どうしてもノーマルのエアバッグ内蔵ステアリングのデザインが嫌だという場合は、エアバッグのモジュールだけを移植できるステアリングにすることで車検対応にすることができます。

任意保険でも問題がある?

エアバッグシステムは、正面衝突や追突してしまった際に、ドライバーへのダメージを大きく軽減することができます。

そのため、自動車保険(任意保険)ではエアバッグが装着されていると、保険料が少し安くなってします。

つまり、エアバッグの警告灯が点灯したままで放置して車を運転しているということは、自動車保険上では保険契約の重要事項に反することになってしまいます。

ましてや、ユーザーが意図的にステアリングを交換してエアバッグモジュールを取り外してしまった場合などは、「エアバッグが付いてるから保険料を安くしてね」と保険会社を騙していることになってしまいます。

まとめ

エアバッグの警告灯が点灯したら・・・

・その状態ではエアバッグは作動しないと考えておく

・整備工場やディーラーで警告灯が点いた原因をすぐに調べてもらう

・安全に関わる部分なのでなるべく早く修理してもらう

・エアバッグ警告灯が点灯したままでは車検に合格しない

・ステアリング交換などでエアバッグの機能を制限する場合は保険会社に相談

 

スポンサーリンク

車の警告灯
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました