車の発電機が故障したら修理代と日数はいくら?安くする方法は?

古びたオルタネーター発電機

別の記事で、バッテリーのマークが点灯する場合は発電機の修理が必要になってくるとお話しました。

もしも発電機の修理をするならどれくらいの修理費と日数がかかるのでしょうか。

修理の方法も整備工場によって違うこともあり、車種によって日数も修理費もかなり違ってきます。

さらに修理方法によっては修理代を安く抑えることもできますのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

車の発電機の故障は高額な修理代に?!

発電機とはオルタネーターともいいます。
文字通り発電するための部品ですが、ここが故障すると走行できなくなります。そのためすぐに整備工場で修理してもらう必要があります。

ところが、発電機は車の部品の中でもかなり高額な部品で、さらに修理の際の交換作業料金もそれなりにします。

さらに、発電機の交換と付随して交換する部品もあり、発電機を回しているベルトの交換や、弱ってしまったバッテリーの交換を勧められることもあります。

これらの作業工賃や部品代金を合計すると軽自動車クラスでも80,000円くらい、普通車クラスだと100,000円を超える修理となるでしょう。

軽自動車クラス(アイドルストップ車はのぞく)

発電機(オルタネーター)
約60,000円

発電機ベルト
約3,000円

バッテリー
約7,000円
上記の部品の交換作業料金
8,000円~20,000円

合計78,000円~90,000円ほど

 

小型車クラス(アイドルストップ車はのぞく)
発電機(オルタネーター)
70,000円~90,000円

発電機ベルト
約3,000円~4,000円

バッテリー

約7,000円~10,000円

上記の部品の交換作業料金
8,000円~20,000円

合計88,000円~124,000円ほど

 

ミドルクラス(ハイブリッドカー、アイドルストップ車はのぞく)
発電機(オルタネーター)
80,000円~100,000円

発電機ベルト
約3,000円~4,000円

バッテリー

約7,000円~25,000円

上記の部品の交換作業料金
8,000円~20,000円

合計で98,000円~149,000円ほど

ざっくりですがこんな感じの修理代金になると思います。

ただし、この場合は発電機は新品を使用することと、

カーディーラーで修理を依頼することを前提で試算しています。

 

発電機が壊れてからの修理日数は?


車の修理日数に関係してくるのは「部品の納期」と「作業時間」です。

スポンサーリンク

さらに代わりに代車が必要となってきますので、代車が用意でいない工場だと、「代車がないので」と作業を断られたり、代車がないままで預けるよう言われることもあります。

 

部品の納期が修理日数に大きく関係

発電機はディーラーでも部品として在庫していることはまずありません。そのため、修理を依頼してから部品の発注がされます。発電機の納期がどれくらいなのかは、車種によって違います。販売台数の多い車種なら部品販売会社の各地域の拠点にあるので2日から3日で届くと思います。あまり販売台数が多くない車種なら4日から1週間はかかるかもしれません。
さらに日曜、祝日や正月お盆、ゴールデンウィークなどに絡んでくるとその間は部品の流通は完全に止まっています。

 

作業時間は車種によって違ってくる

これは整備工場によってかなり違ってきます。この場合だとディーラーに修理を依頼することを前提にしていますが、平均して2日から3日くらいはかかると思います。
預かった車の整備は日中には取り掛かることができないケースもあり、閉店後や合間の時間で作業をすることもあるからです。

 

 

修理代をまとめると

車の発電機の修理代は、ディーラーに依頼した場合
(アイドルストップ車・ハイブリッドカーを除く)

・軽自動車クラス
合計
78,000円~90,000円ほど

・小型車クラス
合計88,000円~124,000円
円~円ほど

・ミドルクラス
合計98,000円~149,000円ほど

以上の修理代がかかると考えられますが、ただし、ディーラーによっても作業料金にバラつきがあります。

またオルタネーターの値段もその構造によってはさらに高額になる車種もあります。

さらにバッテリーの値段もアイドルストップ車やハイブリッドカーだと通常の2倍近くするでしょう。

 

発電機が壊れてからの修理日数は

・すぐに代車が用意できる工場を見つける時間も必要
・車種によって部品の納期のバラつきがある
・車種によって作業の難易度が違うため作業時間も違ってくる

以上の条件を加味すると
ディーラーに車を入庫させてから

四日から一週間くらい

かなりの高額修理となりますが、

交換する発電機を新品以外のものにしたりディーラー以外の整備工場に依頼することでかなり安すく終わらせられることもできます。

ただし修理費が安く済むにはそれなりの理由があります。

メリットとデメリットを理解したうえで修理プランの選択肢にするといいでしょう。

関連記事↓

車の発電機の交換を安い修理代で終わらせるために知っておくこと

スポンサーリンク

発電機
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました