車のエアコンガスクリーニングの必要性や頻度は?不具合はないのか

エアコンガスクリーニング お店エアコン

最近よく整備工場やメンテナンスショップでお勧めされることがあるエアコンガスクリーニングと言う作業。

そもそもエアコンのガスをどうやってクリーニングするのでしょうか?

しかも車検なので車を預けるときに一緒にこのエアコンガスクリーニングをやりませんかと勧められることもありますが、

そもそもエアコンのガスがきちんと入っていて正常に冷えている状態でもこの作業は必要なのでしょうか。

今回は、実際にこのエアコンガスクリーニングを作業する者として、その必要性や効果などをお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

車のエアコンガスクリーニングって必要性がある?

基本的には必要ないかも…

先に結論を言ってしまうと、僕なら自分の車が正常にエアコンが効いてる状態ならエアコンガスクリーンはやりません。

それではこのエアコンガスクリーニングと言う作業は全く必要のない作業なのでしょうか。

実はそんなことはなくて、きちんとこの作業したことでエアコンの効きが改善されたことも実際にありました。

ですが、エアコンのガスをクリーニングしたから効きが良くなったのではなく、

そもそもエアコンのガスが少し減っていた状態に対して正常な状態にガスを充填してあげたことでしっかりと冷えるようになったケースがほとんどです。

エアコンのガスは配管などから抜けていく

基本的に車のエアコンのガスは減ることはありません。

家庭用のエアコンと全く同じ構造であり、エアコンのサイクルの中に封入されているフロンガスが圧縮され、噴霧されます。

フロンガスが噴霧されると気化熱と言う現象で熱交換器を冷やしていくと言うサイクルを繰り返しているだけです。

ところが自動車の場合は、エンジンルームにエアコンの配管もそれぞれ配置されています。

走行中はエンジンなどの様々な振動などもあって、それぞれの配管の継ぎ目から少しずつフロンガスが抜けていくことが多いです。

例えば軽自動車クラスの車だと、フロンガスは大体300グラム前後が入っていますが、

約5年ごろほど経過した時期だと、300グラム入っているはずのフロンガスが、200グラム以下になっていることが結構多いです。

この状態だと、エアコンの冷えはあまり良くないです。言えない事は無いので運転手はあまり気づかないことも多いです。

エアコンガスクリーニングはガスの調整と言う意味もある

エアコンがスクリーニングと言う作業の工程をざっくり説明すると、まずはエアコンガスを完全に抜いてしまいます。

その後真空引きと言う作業でさらに配下の中を真空にしてしまいます。

その後配管からの大きな漏れがないかをチェックする、いま家の確認の作業がありその後コンプレッサーオイルを少量配管内に入れます。

最終的には設定した通りのフロンガスを配管内に封入しておしまいと言う工程です。

つまりガスクリーニングと称してエアコンガスを一旦抜きながら本来のガスの量まで調整してあげることで冷えがかなり良くなっていると言うケースがほとんどなのです。

ガスクリーニングと言う説明とちがい、何も掃除しないのかというとそうでもなく、一旦回収したガスの不純物をろ過しながらチェンジャーの中にある新しいフロンガスをそこに返してあげます。

ガスの中の不純物がなくなることでエキスパンションバルブと言う細い通路が詰まってしまったりコンプレッサーを非常に摩耗させるような不具合は少しでも回避することができるかもしれません。

スポンサーリンク

保冷車にはやらない作業。ということは・・?

保冷車や冷凍車と呼ばれる車たちは特殊な装置が付いているわけではなく、基本的にはカーエアコンの構造や仕組みをそのまま使っています。

ただ行動が大掛かりになっていて、専用のエンジンが搭載されていたりコンプレッサが非常に大きなものなっていたりするだけなのです。

プロが使うこれらの保冷車で、エアコンが外クリーニングなどと言う作業をする事はほぼありません。

壊れたらその時はかなり大掛かりな作業として大部分の部品を交換してしまったりすることが多いのです。

そのことを考えるとガス漏れがほぼ発生していない状態できちんと冷えている状態の車なら

エアコンガスクリーニングはあまりしなくていいというのが僕自身の個人的な意見です。

依頼をするなら整備工場へ

かなり否定的な言い方をしてしまいましたが、エアコンがスクリーニング自体が意味のない作業と言うわけではありません。

ただし依頼をするなら信頼できる整備工場を選んだほうが間違いないと思います。

自社でエアコンの修理をせず、外注に出すようなお店にはエアコンガスクリーニングは依頼しないほうがいいと思います。

 

エアコンガスクリーニングの頻度は?

シーズンに入る前の早めのメンテナンスがオススメ

エアコンガスクリーニングをするメリットとしては、エアコンのコンプレッサー等をいたわると言う意味では使用品度が上がる夏に入る前がいいです。

コンプレッサーオイルの抜き替えもするので、ハイシーズン前の準備として適切です。

毎年1回、本格的なシーズンに入る前のメンテナンスとして考えてみてもいいかもしれません。

 

エアコンガスクリーニングで不具合になる?

僕の失敗談

実はこのエアコンガスクリーニングの機械を導入したときに、試験的に僕の整備工場で使っている代車で作業をやってみたことがあります。

かなり古い車だったのでそもそもエアコンの調子がそれほど良くなかったりコンプレッサー付近から異音が出ていたりしていたので、大丈夫かなと思いながら作業をしました。

ところが作業が終わった直後からエアコンコンプレッサーから大きな異音がし始めて、冷えもかなり悪くなってしまいました。

原因はもともと調子の良くなかったコンプレッサーに規定量のガスを入れたことでコンプレッサーにとどめをさしてしまったのかもしれません。

エアコンガスクリーニングをするなら、そもそもその車両にどれぐらいのフロンガスを注入すればいいのか規定量を知っていないといけません。

よくガソリンスタンドでエアコンガスの診断を頼むとすぐにエアコンガスを注入したがります。

フロンガスの規定量に関する知識がないサービスマンがいたずらにガスを入れすぎてしまうとそれが原因でさらに冷えが悪くなることも結構あります。

規定時よりもあえて少し少なめに入れると言うこともありますが、これもエアコンの修理をある程度経験している人でなければ判断できないことでもあります。

 

まとめ

エアコンガスクリーニングは、エアコン修理を専門で出来るような、専門の技術や知識を備えた整備工場になら依頼してもいいかもしれません。

できれば保冷車の整備などをやっているような整備工場ならさらにいいと思います。

ただし、すでに大きな異音や不具合が出ている状態ではエアコンガスクリーニングのような予防整備はときすでに遅しといえます。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました