車のエアコンが効かないしオーバーヒート!?クーラー効かないのと関係ある?

水温警告灯エアコン

炎天下の中、車で走行中にエアコンが効かないと、

ふとメーターを見るとオーバーヒートの警告灯が点灯している?!

これは偶然に重なった症状なのか、それとも関係しているのか・・・?

二十年以上整備士をしていると、このような症状は何度も経験していますが、

初めて経験する一般のドライバーさんなら、

「え・・?どうしよう・・・すぐに車を止めたほうがいいの?」

となってしまいますね。

今回は、エアコン(冷房)が効かないこととオーバーヒートとの関連性についてご説明していきます。

スポンサーリンク

車のエアコンが効かないのはオーバーヒートが原因?

エアコン制御と水温の関係

夏場によく依頼を受ける診断の中に、「エアコンが効かない」というものがあります。

エアコンが効かないことの主な原因は、マグネットクラッチというエアコンコンプレッサーの一部にあたる部分に電源が供給されていないことが多いです。

さらに、マグネットクラッチへの電源がこない原因にもさまざまなケースがあるのですが、今回はオーバーヒートとエアコンの効きに関するお話ですから別の原因は割愛します。

車のエアコンは「エアコンアンプ」という、コンピューターがエアコンを制御していることが多いです。メインのコンピューター(ECU)が制御していることも多いですが、基本的な制御は同じです。

エアコンのクーラーを使用しようとすると「AC」のボタンをオンにしますが、この信号をエアコンアンプやメインコンピューター(以下ECU)が感知すると、エアコンコンプレッサーのマグネットクラッチへの電源をオンにさせます。

このとき、エンジンの冷却水の温度もエアコンの制御の中に組み込まれています。

冷却水の水温が異常に高温になっている場合は、エンジンへの負担をこれ以上増やさないために、「AC」のボタンをオンにしてもマグネットクラッチへの電源を供給しない制御になっています。

つまり、冷却水温が高温になってオーバーヒートしていると車が判断したらエアコンは効かないようになっているのです。

 

 

車種によってオーバーヒート時のクーラーの制御が違う?

エンジンレイアウトとエアコン制御の違い

車の基本的な構造のなかに、エンジンが「縦置き」なのか「横置き」なのかというレイアウトの違いがあります。

くわしいことは今回は省略しますが、前輪駆動車はエンジンが横置きになっていることが多いです。

ハイブリッドカーや軽自動車、コンパクトカーなど、ここ最近製造されているほとんどの車はエンジンが横置きのタイプが多いです。

縦置きのタイプはかなり珍しくなっていますが、高級車や貨物車に多いのですが、電動ファンをメインにしているタイプと、エンジンの回転と連動して常に回転している車種とで違いがあります。

このファンの回転の制御の方法もエアコンを使っているときと若干関係することがあります。

電動ファンとカップリングファンの違い

エンジンが縦置きの車の場合はクランクシャフトの回転をそのままファンベルトを利用してファンを回転させている車種があります。

トヨタ車で言えばクラウンとかマークⅡとか、かつて主流だったミドルクラスの車は、上記のタイプです。かなり少なくなったタイプなので今回はこのあたりで割愛。

スポンサーリンク

エンジンが横置きのタイプの車がほぼ主流になっている現在、エアコンを使うと、冷却水を冷却する電動ファンがそのままエアコンの冷媒ガスを冷却しているコンデンサーの冷却も兼用していることが多くなりました。

車の構造をシンプルにし、製造コストを下げる工夫でもありますが、このラジエーターとコンデンサーの冷却を兼用しているメインの(唯一の?)電動ファンが壊れたら、そくオーバーヒートし、クーラーも全く効かなくなります。

軽自動車やコンパクトカーなどは、このパターンのトラブルが非常に多いです。

つまり、

たった一つの電動ファンモーターが作動しないだけでオーバーヒートと、クーラーが効かないという症状がセットで起きるのです。

オーバーヒートでクーラー効かないときの対処法

エンジンの負担を減らすことが最優先

今回はかなりメジャーな車種でのお話にさせていただきますが、ほとんどの軽自動車、コンパクトカー、ミニバン、2000ccクラスまでのセダン、などの場合です。

エアコンが効かなくなり、なおかつ運転席のメーターの中にオーバーヒートを知らせる警告灯が点灯したら、なるべく車を走らせることを控えるようにしましょう。

この時、エアコンは作動させてもほとんど意味はありませんのでスイッチはオフにしておきましょう。

渋滞時など、その時の交通状況などによっては、すぐに車を止めることができないケースもありますが、この場合はエンジンがオーバーヒートして、最悪の場合はエンジンが止まってしまう可能性がある状況です。

ハザードランプを点灯させるなどして路肩に車を待避させるほうがいいでしょう。道路の途中で車が停止することだけは避けたいですね。

このとき、安全な場所に車を止めることができた場合は、車のボンネットを開けることで、エンジン回りの温度を効率よく下げることができるのでオーバーヒートのダメージを少しでも抑えることができる場合があります。

あくまでも「できれば望ましい」という程度のことなので、運転手や同乗者ぼ安全確保が最優先です。くれぐれも交通量の多い場所での処置は気を付けてください。

 

 

まとめ

エアコン(クーラー)が効かない状態とオーバーヒートはかなり関係していることが多いです。

順番としては、オーバーヒートが起きたことでクーラーの機能を車が止めてしまうのです。

オーバーヒートが起きたらなによりもエンジンの保護を最優先にしないといけないので、エアコンコンプレッサーへの電源をカットすることで少しでもエンジンへの負担を減らすようになっています。

そのため、少し時間をおいてエンジン内部の温度が下がり、冷却水の温度も通常の温度域まで下がると、エンジンを再始動してエアコンを入れると正常にエアコンが効き始めることが多いです。

ただし、なにかしらの異常があってのオーバーヒートですから、極力エアコンはつかなわいようにしながら整備工場で点検を受けるようにしましょう。

その際に、担当してくれる整備士やサービスフロントに

「エアコンが効かないときにオーバーヒートもしていた」

ということを伝えることで、故障の原因を突き止めるのが早くなることがありますので、伝えておくようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました