カーエアコンの臭い対策をしよう!掃除をスプレーで簡単洗浄♪おすすめは?

DIYでメンテナンス

今回はプロの僕でも使用する、簡単にエアコンの消臭、除菌ができる方法をご紹介します。

DIYでできるやり方だと手軽にエアコンのメンテナンスができます。

定期的にする必要がある作業だとプロに頼むよりも、

自分でできる方が効果が大きいこともあります。

今回は具体的な方法も画像と一緒にご説明しようと思います。

スポンサーリンク

カーエアコンの臭い対策の基本とは

エアコンの臭いの原因でもっとも多いのは夏場のクーラー

別の記事でもお話ししましたがエアコンの臭いの原因でかなりきつい臭いを発生させるのが冷たい風を作るエバポレーターと呼ばれる部分です。

エバポレーターは湿気をたっぷりと含んだ上に直射日光が当たることもなく、雑菌が繁殖しやすい場所になっています。

カーエアコンのくさい臭いのほとんどはここで発生しています。

臭いの発生源を知ることで効果的に臭いの除去や防止をすることができますので、このエバポレーターへの除菌や消臭作業は、はっきりと効果を感じることができます。

エバポレーターは奥まで除菌しないと効果が薄い

このエバポレーターと言われる部品は、アルミでできている熱交換器で、フィンと言われる部分を通過して冷たい風を作り出しています。

この時除湿も一緒に行われていますのでこのフィンの周りには水滴がびっしりと付着しています。

この成分がのちにカビを発生する原因になるのですが、エバポレーターにはある程度の厚みがありますので、表面上に除菌をしてもあまり意味がありません。

なぜならエバポレーターの上流にはブロアモーターがあり、そこから大量の風が送り込まれています。

つまり風の勢いでエバポレータの遅れ遅れと水分が送られていくのでさらに奥の部分にまで水が到達してしまいます。この奥のほうにまである水そこから大量の風が送り込まれています。

つまり風の勢いでエバポレータの遅れ遅れと水分が送られていくのでさらに奥の部分にまで水が到達してしまいます。臭いの元は正確にはエバポレーターとさらにその奥にあるダクト周りで発生しています。

だからこそエバポレーターの表面に除菌剤などを噴霧するだけではあまり臭いを緩和することができません。

 

 

カーエアコン専用の掃除ができるスプレー

エバポレーターの細かいフィンに浸透されると効果的


最近ではエバポレーターのフィンの奥の方まで除菌が出来るように煙のような成分を送り込んだり霧状の薬剤を吹き込んだりと様々な除菌の方法があります。

これらの特徴はスプレー缶なので間のないやつで薬剤を奥にめがけて噴霧してくれるため、より奥の方まで除菌をすることができるのです。

できれば噴霧した薬剤はしばらくの間フィンの間にとどまり除菌を継続的にやってくれる方がより効果は大きいといえます。

液状の薬剤だと噴霧した後すぐに下のほうに流れてしまいエバポレーターの上の方にはあまり効果が薄いと言うこともあります。

またエバポレーターの風が強く当たる部分とあまり当たらない部分のムラがあるのですがその風が強く当たる部分をピンポイントに狙うと言うことも目視しにくい部分なので難しいことも多いです。

 

 

カーエアコンの洗浄におすすめな商品

整備工場でも使われるプロ仕様

現在、当工場では霧状よりも泡状の除菌剤の方が効果が大きいと言うことになり、最近では同じ商品ばかりを使っています。

お客様からの評価もかなり高く気に入っていただけたようで、中にはワンシーズンに2回作業を依頼される方もおられます。

持続力がないと言う意味ではなく除菌材に含まれる消臭剤の香りも気に入られたとのことです。

スーパージェットマックスが便利

泡状の薬剤を風に乗せて送り込むやり方

このスーパージェットマックスと言う商品は東工場でいつも使っているエアコン消臭剤なのですが、

その特徴としてはエアコンフィルターを取り外しエアコンのブロアモーターは回したままその風にゼットマックスを噴霧することでエバポレーターまで泡状の消臭剤を送り込むと言うやり方です。

スポンサーリンク

このやり方の効果的なところは、ブロアモーターの風がよく当たる事は最もかび臭くなる部分と同じ位置であり、その部分にピンポイントで泡状の消臭剤を送り込むと言うところがミソなのです。

さらにブロアモーターの風でエバポレーターの遅れ遅れと薬剤を送り込むのでそれまでの消臭剤と比べより奥のニオイの元になる部分に直接薬剤を届けることができます。

さらに泡状の状態で送り込むので液体状のものよりもしばらくその分後に留まってくれるのでより長い時間消臭剤として除菌効果も期待できます。

やり方はいたって簡単です。ただ単にエアコンフィルターを外し匹モーター回したままジェットマックスを半分分もしてあげるだけ。

後は一定時間ブロアモーターを回したまま風を奥へ奥へと送り続けます。

スーパージェットマックスの効果は平均的な車の使用の方だと約6ヶ月位と言われています。

ただしエアコンの使用頻度が多い方だともう少し早めかもしれません夏の始めとエアコンを使わなくなる時期の少し前約4ヶ月ぐらいした後再度使ってあげると完璧だと思います。

スーパージェットマックスの購入はこちらからできます ↓

 

ジェットマックスの使い方

 

整備工場でも使用する、エバポレーターの臭いを除去してくれるクリーナー、

『スーパージェットマックス』の使い方の説明の記事を書いてみました。

実際に使ってみたいけど、どうやるんだろう?

という方はこちらの記事もチェックしてみてください。

 

 

エアコンに関するまとめはこちら ↓

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました