CVTフルード交換の費用を知りたい!その効果は?頻度はどれくらい?

CVTフルードチェンジャーCVT

CVTフルードを交換したら、車の調子は良くなるものなのでしょうか。

エンジンオイルのように、まめに交換しないと車は壊れてしまうのか?

これは、僕の整備工場でもよくあるお客様からの質問です。

とくに車検で来店されているお客様からの問い合わせが多いです。

せっかくお金をかけるんだからそれなりの効果を期待したい気持ちもわかります。

今回は、CVTフルードの交換をするとどんな効果があるのかをお話していきます。

 

スポンサーリンク

▼CVTに関するまとめ記事はこちら▼
【CVTまとめ】フルード交換・異音・運転方法などを解説

CVTフルードの交換の費用はどれくらい?

CVTフルードレベルゲージ表記
まず、cvtフルード交換費用はディーラーとそれ以外のカーショップや整備工場とで、ずいぶん違ってきます。

また、車種によっても交換の手順というか、かかる時間がかなり違ってきますので、車種やメーカーで費用も変わってきます。

※ディーラーでの交換費用はその地域のディーラー権を持った会社により違うケースがあります
※カー用品店はイエローハットさんのホームページより引用しました

トヨタ車の1500cc未満の交換費用

■ディーラーで交換する場合(ネッツトヨタ参照)
¥17,000-(税別)(工賃込み)

■カー用品店で交換する場合(イエローハット参照)
¥6,900~¥14,820(税別)

交換工賃¥5,000(税別)(レベルゲージ無しの場合)

 

 

トヨタ車の2000ccクラス以上の交換費用

■ディーラーで交換する場合(ネッツトヨタ参照)
¥17,000-(税別)(交換工賃込み)

■カー用品店で交換する場合(イエローハット参照)
フルード代金¥6600~¥9000(税別)

交換工賃\3000(税別)

 

日産車の交換費用

■ディーラーで交換する場合
¥15,000~(税別)(工賃込み)

■カー用品店で交換する場合(イエローハット参照)
フルード代金¥6600~¥9000(税別)

交換工賃\5000(税別)(レベルゲージ無し)

 

 

ホンダ車の交換費用

■ディーラーで交換する場合
¥15,000~ (税別)(交換工賃別途必要)

■カー用品店で交換する場合(イエローハット参照)
フルード代金¥6600~¥9000(税別)

交換工賃\3000(税別)

 

 

スズキ車の交換費用

■ディーラーで交換する場合
通常のメンテナンスとしては受付していません

■カー用品店で交換する場合(イエローハット参照)
フルード代金¥4,600~¥9,880(税別)

交換工賃\3,000(税別)

 

 

ダイハツ車の交換費用

■ディーラーで交換する場合
¥12,800(税別)(工賃込み)

■カー用品店で交換する場合(イエローハット参照)
フルード代金¥4,600~¥9,880(税別)

交換工賃\3,000(税別)

 

ミツビシ車の交換費用

■ディーラーで交換する場合
¥20,000(税別)(工賃込み)

スポンサーリンク

■カー用品店で交換する場合(イエローハット参照)
フルード代金¥6600~¥9000(税別)

交換工賃\3000(税別)

 

スバル車の交換費用

■ディーラーで交換する場合
通常のメンテナンスとしては受付していません)

■カー用品店で交換する場合(イエローハット参照)
フルード代金¥6600~¥9000(税別)

交換工賃\5000(税別)

 

マツダ車の交換費用

■ディーラーで交換する場合
通常のメンテナンスとしては受付していません

■カー用品店で交換する場合(イエローハット参照)
フルード代金¥6600~¥9000(税別)

交換工賃\5000(税別)

 

CVTフルードを交換した効果は体感できる?

CVTイラスト2

CVTフルードを交換した場合の効果ですが、「どのタイミングで交換したのか」ということが重要です。

メンテナンスの予防的な意味で早めの交換をした場合は、フルード交換をしてもあまり効果は体感できないでしょう。あえて言えば、かなりシビアに燃費を測定したらやや良くなっているかもしれません。

不具合が出始めた初期の段階では異音や振動(ジャダー)などが改善されるケースがあります。ただし、CVTフルード交換の場合は、なにかしらの症状が出ている段階では交換を断られるケースもあります。
「現在なにか不具合はありますか?」という問診で「ない」と答えないと作業を受けてくれないケースもありますし、なにか後で不具合が発生しても保証もありません。

 

CVTフルードの交換頻度はどれくらいがおススメ?

整備士である僕からの交換頻度は、車の使用条件で少し早めに交換したりすると思います。

たとえば「シビアコンディション」といわれる、一日の走行距離が8㎞走行以下の場合はこれに該当します。つまり、走行距離がすくな過ぎるのも車にとっては厳しい条件ということです。

ですので、「すごく走行距離多いケース」と「使用頻度が少ないケース」のそれぞれがシビアコンディションとなります。

その場合は走行距離を参考にするといいでしょう。

基本的には、メーカーが推奨している交換距離の十万キロとか無交換でいいなどは、
「推奨値」ではなく「限界値」であることが多いので、お勧めではありません。

メーカーによっては「交換は不要」としか説明がないこともありますが、これは「100,000㎞は壊れないだろう」というメーカー側の主張でもあります。

そこらへんは各メーカーやディーラーでメンテナンスに対する考え方が違うと見受けられます。

「5年、10万キロ以上は車が長持ちされると困る」という、販売側の本音も見受けられるケースもありますし、フルード交換をすることでかえって不具合を誘発するから触らないでほしいという部分もあります。

僕自身は「汚れないオイルはない」と考えていますので、自分の車ならいずれかのタイミングで交換を検討すると思います。

各メーカーのCVTフルード交換時期に関しては別の記事を参照してみてください。

▼関連記事▼
CVTフルードの交換時期や交換距離は?無交換で走るとどうなるの?

 

 

スポンサーリンク

CVT
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました