ワゴンRはK6Aエンジンのオイル漏れの修理代が高くつく!

ドロドロになったエンジンまわり カムシャフト周辺オイル漏れ

ワゴンRに搭載されるエンジン「K6A」はかなり長い期間製造されているエンジンです。

そのため、スズキ車のほとんどの車種にこのエンジンが使われています。

今回はワゴンRの定番でもある、K6A型エンジンのオイル漏れの中でも、とくに多いものを紹介していきます。

修理代もそれなりに高くつくものもありますので、中古車としてワゴンRを購入するときも要注意です。

スポンサーリンク

ワゴンRはK6A型のオイル漏れ修理がわりと多い

誤解しないでいただきたいのですが、K6A型エンジンがオイル漏れが多いというわけでもありません。

スズキのワゴンRには初期型のものには「F6A」というエンジンも搭載されていました。

ただ、K6Aのほうがよりたくさんの車種にも使われていて、かなりの期間、ほぼ100%の割合でスズキ車にはK6Aエンジンが載っています。

つまり、オイル漏れが多いエンジンというよりも、このエンジンがものすごくたくさんのスズキ車に搭載されているから、整備する機会も多いということです。

 

 

エンジンオイルの管理が悪いとオイル漏れが増える

そもそもエンジンオイルを交換しないとなぜエンジンオイルが漏れだすのかをご存知でしょうか。

エンジンオイルには密閉性を保つための役割があります。エンジンオイルを定期的に交換してあげれば問題ないのですが、慢性的にオイル管理が悪いと、エンジンオイルが劣化します。

するとブローバイガスという燃焼室からのガスがエンジン内部で行き場を失い、オイルシールやタペットカバーパッキンへの内圧が高くなり、オイル漏れが始まります。

K6A型エンジンは特別設計に欠点があるわけでもないのですが、バルブステムシールの材質やその他の重要な部品の耐久性に少々問題があるように感じています。

ワゴンRは軽いほうだけどそれでも重い

軽自動車は快適さを求めてどんどんボディが大きく、背が高くなり、使い勝手がよくなりましたが、その分重量も重くなっていきました。

スズキの中ではワゴンRはどんな世代のユーザーにも受け入れられる多様性を持たせてありますので、

燃費と居住空間という「軽さ」と「大きさ」の相反するものを実現するために、わりと重くなってきています。

 

 

K6Aのオイル漏れの修理代はいくらほど?

ワゴンRの定番オイル漏れ修理の費用をご紹介

タペットカバーパッキン交換

エンジンの一番上部にあるのがタペットカバーです。別名はヘッドカバーなどとも言いますが、構造は簡単で、「エンジンの蓋」だと思っていただければわかりやすいですね。

K6Aの場合はタペットカバーとシリンダーヘッドの間に挟み込んであるタペットカバーパッキンが熱や経年劣化で硬化して弾力を失い、エンジンオイルが漏れてきます。

スポンサーリンク

K6Aの定番中の定番といえるオイル漏れです。
■タペットカバー交換費用
部品代 2500円ほど
工賃 8000円前後
※ただしターボ車の工賃は1.5倍ほど上がります

オイルコントロールバルブパッキン交換

K6Aの場合、タイミングチェーンカバーの真ん中ほどにあるエンジンオイルの油圧をコントロールするソレノイドバルブが「オイルコントロールバルブ」です。

エンジンオイルの管理が悪いと六万キロくらいでオイル漏れが始まります。

作業自体は簡単ですが、「技術料」と称して強気の工賃を設定しているところもあります。

おもにディーラーはしれっとつけてます。

■修理費 部品代と工賃で8000円から14000円 わりと価格に開きがあります。

 

エンジンオイルパンの液状パッキンやり替え

K6Aのオイルパンはアルミ製で、エンジンブロックと、このオイルパンの間にはガスケットという部品はなく、ただ単に液状パッキンというボンドのようなものを塗り付けているだけです。

この作業をするには、エンジンオイルを全量抜き取る必要があります。

そのため、作業の工賃にプラスしてエンジンオイル代も請求されます。

■修理費 工賃とエンジンオイルの代金が足されますが15000円前後でしょうか

 

 

クランクプーリーのオイルシールの交換

かつてはタイミングベルトがあった場所にはタイミングチェーンがあり、それを金属製のカバーがかぶさっていて、さらにそのあとにクランクプーリーがはめ込まれています。

クランクシャフトに直接ついているのでエンジンの回転と完全に同期しているので、どうしても走行距離を伸ばしていけばオイルシールも劣化していきます。

このクランクプーリーを取り外してしまえばオイルシールの交換は簡単にできますが、その前に発電機のベルトとエアコンのベルトをはずしてしまう必要があります。

クランクプーリーのオイルシールは1000円もしない部品ですが、そこまでたどり着くのが少し時間と手間がかかります。

■修理費  工賃と部品代で12000円から20000円くらいは請求するでしょうね。

 

 

ターボ付きのK6Aにはオイルクーラーからのオイル漏れ

オイルクーラーは水冷で、エンジンオイルエレメントとエンジンブロックの間にサンドイッチされています。

作業自体は簡単ですが、専用のパッキンを取り寄せする必要があります。

■修理費   部品代と工賃の合計で10000円前後でしょうか。

 

 

 

▼関連記事▼
車のオイル漏れ修理はどこに依頼する?添加剤では効果がない?

スポンサーリンク

オイル漏れ
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました