【オイル漏れまとめ】修理費用・車検・警告灯などに関する

オイル漏れ まとめまとめ

オイル漏れは古い車や走行距離が多くなった車にはつきもののトラブルです。

なかには、オイル漏れがひどくて車を廃車にしてしまうユーザーさんもいるくらいです。

しかし、ディーラーや整備工場にオイル漏れの修理を依頼しても、

修理費用が驚くほど高かったり、数日間も時間がかかると言われたりで、

「オイル漏れの修理って、いったいなにをやってるの?」

と思われるかもしれません。

自動車整備士としてのこれまでの経験なども含めて、

オイル漏れに関する記事をまとめてみました。

スポンサーリンク

オイル漏れが起きる原因や対処法について

オイル漏れオイルエレメント
エンジンを搭載している限り、エンジンオイル漏れが起きない車はありません。

ですが、オイル漏れが起きる場所はエンジン型式などによっても違ってきます。

主にエンジンオイルの管理が不足しているときなどにオイル漏れが起きることがありますが、オイル漏れ修理は場合によっては非常に高額になることもあり、

オイル漏れに関する知識を高めておくことで修理するべきか車の乗り換えをするべきかの判断をすることもできます。

オイル漏れをそのまま放置しているとどうなる?

オーバーヒートでエンジンストップのトラブル

漏れ出したエンジンオイルは火災の原因になることはありませんが、車両火災の被害をさらに大きくしてしまう可能性はあります。

エンジンオイルは、ガソリンや軽油のように引火するような低い発火点ではありませんが、漏れたオイルはゴムホースなどを傷めてしまうことで水漏れなどの原因になることもあります。

また、漏れ出したオイルはエンジンオイルは限らず、オートマチックのフルードや油圧式パワーステアリングのフルードが漏れている可能性もあります。

もしかすると、オイルではなく、冷却水が漏れている場合もあり、そのままで走行するとオーバーヒートとなります。

オイル漏れがしていると感じたら、漏れている液体がなんなのかを特定して、早めに対処することが重要です。

 

オイル漏れと関係する警告灯とは?

オイルプレッシャーランプ警告灯1

エンジンオイルが不足していることで、エンジンオイルの油圧不足を警告灯が知らせてくれることがあります。

オイルランプの警告灯が点灯したり点滅したら、オイルが漏れていることが原因であることも考えられます。

そんなときは冷静に判断することが大事ですが、車を走らせることができない状態になっていることもあり、

まずはドライバー本人と同乗者の安全と通行する他の車などとの事故にならないような対処法も知っておく必要があります。

 

オイル漏れ修理の依頼は工場選びが重要

本格的なオイル漏れの修理は費用がかかりすぎるので、なんとか応急処置をして高額な修理を先送りにしたいこともあります。

そんなときはオイル漏れ止め剤などの、添加剤を使用することでオイル漏れを緩和させることもできます。

ただし、ほとんどの場合は一時的な効果しか得られず、基本的にはオイル漏れの原因となっている部分のガスケットはパッキン、シールなどの部品交換をせざるをえません。

カー用品店やガソリンスタンドではオイル漏れ修理のような、修理にかかる時間と費用がわかりにくい作業は受注しません。

オイル漏れ修理はディーラーに依頼するのが確実とわかっていても、費用面では最も割高で、そのうえ車の乗り換えをしつこく勧められたりするのも面倒です。

オイル漏れの原因を調べるには経験と丁寧さが求められることもあり、しっかりと修理するなら信頼のおける整備工場を選ぶ必要があります。

ディーラーだからとか、町工場だから、ではなく、オイル漏れが解消されるまで根気よく付き合ってくれるあなたの車の「主治医」のような整備工場を決めておきましょう。

 

車検でオイル漏れが合格しないとどうなる?

診断する整備士

オイル漏れは車検にも関係してくることがあり、車検のために車を預けてからオイル漏れを指摘されるケースも多いです。

しかも車検に合格しないのでどうしても修理しないといけないと言われ、オイル漏れ修理の見積書を見てびっくりしてしまうこともあります。

そもそもオイル漏れはどれくらいの漏れ方になると車検に合格しないのでしょうか。

「車検に合格しない」イコール、「危険な状態」ということなのでしょうか。

オイル漏れは、自動車検査員を十年以上やってきた僕でも非常に判定に悩むことですが、なかにはオイル漏れを隠蔽しようとするユーザーさんもいます。

また、ユーザー車検では、オイル漏れの判定は、誰がどのようにしてやっているのでしょうか。

 

外車のオイル漏れについて

外車の模型

日本車にくらべ、外車のメンテナンスはお金も時間もかかります。

その中でも、かなりやっかいなのがオイル漏れの修理でしょう。

オイル漏れの添加剤のラインナップが豊富なのも、外車のほうがオイル漏れが頻繁に起きやすいからだとも言われています。

外車のオイル漏れが起きるのは、日本車より早い段階でなりやすく、とくにアメリカ産の車の場合、広い国土を走らせることを前提にしている設計であるためだと言われています。

また、意外にもドイツ車も結構オイル漏れをしていることが多く、アンダーカバーがしっかりしているのもオイル漏れが起きることを想定しているように感じてしまうこともあります。

外車を長く整備している整備士に言わせると、「外車のオイル漏れなんてしてて当たり前」なのだそうで、ちゃんと修理しようとするとエンジンを降ろさないといけないこともあり、応急処置でどうにか車検の合格させるのも「当たり前」なのです。

 

オイル漏れで道路や駐車場が汚れたら清掃費を請求される?

駐車場のシミ

月極駐車場では、隣に別の契約者が車を止めていることもあり、あまりにもひどいオイル漏れは隣の車に迷惑をかけてしまいます。

また、漏れたオイルの種類によってはアスファルトを溶かしたり、区画線を汚してしまったりすることもあります。

月契約で借りている駐車場の場合、引っ越しするさいには、汚れや傷みを弁償しないと行けないのでしょうか。

 

車の買取の常識?オイル漏れと査定額には大きな関係はない?

車を手放す

オイル漏れがひどくなって、整備工場に車を預けてみたら、かなり高額な修理をしないといけないと言われ、

「この車、いくらで買取できますかね・・・?」

などと切り出す方もおられます。

ですが、オイル漏れをしっかりと把握した整備工場では高価買取は期待できないことも多々あります。

オイル漏れがひどい状態だと告げてももっと高く車を買い取ってくれる業者さんにはそれなりの理由があります。

また、車を査定してもらうときには、高く買い取ってもらうために、最低でもやっておいたほうがいいのが「洗車」と「室内清掃」です。

それだけで車の査定額に変化があるの?と思われるかもしれませんが、事実、査定士は車の扱われ方も査定額に反映させていることもあるのです。

もしも、オイル漏れがひどいから車の買取査定なんて期待できないだろうな、と思っているならこの記事を読んでいただけると、車の買取業界の常識を知っておいて損はないでしょう。

 

 

 

HOMEにもどる

 

スポンサーリンク

まとめ オイル漏れ
この記事を書いた人
サボカジ

当ブログの管理人です。

キャリアは、自動車整備士として20年以上

カーライフアドバイザーとして5年以上です。

プロフィールの詳細は上の「サボカジ」をクリックしてください。

サボカジをフォローする
サボカジをフォローする
車の維持費の節約とマイカーの安心安全について考えるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました